日本産精油アドバイザー
(アロマブランドyuica認定)

 

管理人:香桜梨

 

日本産に特化した、和の精油の知識が得られる資格です。日本の森林や生態系のことも学び、人にアドバイスができるようになります。上位資格のインタープリターの資格を取得すると、この資格を教えることができます。



講座の詳細&資料請求はこちら≫

 

資格の名称

日本産精油アドバイザー

認定団体

アロマブランドyuica(正プラス株式会社)

向いている人

・日本産の精油に興味がある人
・yuicaの精油をアロマ業務で使用したい人
・短期間で資格取得したい人
・すでに他の資格を取得している人

資格取得の流れ

・通信講座でカリキュラムを受講(※約1ヶ月)

・カリキュラム修了

・自宅で受験して郵送

・後日、認定証発行

概算費用

通信講座
受講費30,240円

 

受験料0円(※受講費に含む)

 

合計30,240円

 

※協会への入会や年会費はありません。
※費用については必ず最新の資料でご確認ください。

 

 

 

 

「日本産精油アドバイザー」のおすすめポイント

 

おすすめポイント1

日本産の精油の勉強をすることができます。アロマセラピーの精油と言えば、外国産のものが目立ちますが、ここ最近では、日本にある植物も注目されており、新しく和の精油が販売されています。和のアロマセラピーが学べるのはここだけです。

 

おすすめポイント2

日本の森から採取される和の植物を使用した精油を学ぶことによってアロマセラピーの森林浴をいつでもすることができるようになります。森林浴はストレスを解消してくれたり、免疫を高くしてくれますので、健康管理にもつながります。

 

おすすめポイント3

資格制度が出来てまだ日が浅いですが、上位資格を取得することで、講座を開催することができるようになります。全国に講師がまだ少ない分、講師として仕事を進めていきたい方にはうってつけのお薦めの資格となっています。

 

 

 

 

「日本産精油アドバイザー」の評価

 

認定団体の社会的信頼性について 

和精油の科学的根拠のデータがあることもあり、アロマセラピーを長年続けてきたセラピストや、医療従事者の方たちが取り入れていることが目立ちます。また今まで破棄されていた枝などから抽出して製品化しています。

 

人気について 

和精油は西洋精油に比べてまだ歴史が浅く、認知度が低いことからあまり広くの方には知られていないのが現状であります。ただし、先見力のある方や、他の資格制度を利用している方や医療従事者の方からの人気が高いです。

 

日常生活での役立ち度について 

情報があまり少ない和精油を使用して健康管理をすることができるようになります。日本の文化の考え方や、生態系のことなども学ぶので、環境についても意識するようになり、生活の上で役立てていけるようになります。

 

就職・転職での役立ち度について 

この資格だけでは、就職には厳しいかと思いますが、他のアロマセラピーの資格と一緒に保持していると、アロマショップやアロマサロンでの就職に優位に役立つことができます。西洋精油は幅広く知られていますが、和精油はまだまだ認知度が低いので、この資格を武器に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

取得に要する費用について 

テキストや試験など認定料までが入っての費用になってきますので、比較的取得しやすいです。和精油いがいのもので、介護現場や、あかちゃんなど使用するのに気を付けなければいけない人たちにも、安心して使用できる内容になっていますので、お薦めです。

 

 

 

 

管理人:香桜梨

 

アロマテラピーは通信講座で独学で学ぶこともできますし、スクールに通って本格的に勉強することもできます。私自身はスクールに通って、「IFA国際アロマセラピスト」の資格を取得しました。趣味としてであれば通信講座で、プロとして働くことを考えているならスクールに通って学ぶのがいいかもしれません。



 

≪セルフケアセラピスト | アロマテラピー検定(AEAJ)≫