Essential Oil

(香りのタイプ)

セージの精油は、やや松を感じる鋭くクリアな香りが特徴です。

(作用・効果・効能)

セージの精油には、ホルモン調整作用・利尿作用・鎮痛作用・消化器系調整作用・殺菌作用があるとされています。

(こんな気持ちの方に)

集中したいとき、セージの精油を試してみてください。

ほんの少量使うだけで、中枢神経をすっきりとさせてくれますよ。

爽やかなリラックス感をもたらしてくれるので、クリアな気持ちと、集中力と、記憶力を求めるときに使うのがおすすめです。

(こんな症状の方に)

更年期障害・月経不順・胃もたれ・むくみといった症状に悩んでいるとき、セージの精油が役に立ちます。

セージの精油には優れたホルモン様作用があるため、更年期の不調や、月経トラブルにも効果的です。

胃の不調や食欲不振などにも効果を期待できます。

(肌タイプ・肌トラブル)

敏感肌以外の老化肌でお悩みの場合は、セージの精油を試してみるといいでしょう。

セージの精油には、体内で発生させるフリーラジカル(活性酸素)を抑える働きがあるとされ、「若返りのハーブ」ともいわれています。

ただ、刺激が強いので、ごく少量で使用するか、フェイシャルスチームなど蒸気で使用するといいでしょう。

(楽しみ方・使い方)

セージの精油は、芳香浴・フェイシャルスチーム・吸入・トリートメントなどに使うことができます。

ただし、敏感肌の方はトリートメントやアロマバスなど肌に触れる使用は控えましょう。

(使用する時間帯)

セージの精油を使用する時間帯としては、一般には朝・昼がおすすめです。

スッキリとした気持ちにしてくれるので、朝や昼に使うと集中力が増して活動しやすくなります。

(ブレンドアドバイス)

セージの精油は、スッキリとした香りのハーブ系の精油と相性がいいです。

たとえば次のようなブレンドで使ってみましょう。

「女性お悩みブレンド」
セージ+クラリセージベルガモット

「若返りブレンド」
セージ+ローズマリーラベンダー

(注意事項)

セージの精油は、敏感肌、妊婦、授乳中・高血圧・てんかんの方への使用は控えましょう。

(ひとこと)

セージの学名はラテン語で、Salvia(健康・治療・救う) officinalis(薬用)なんだとか。

セージの精油は、古来から重要な薬用ハーブとされてきましたということですね。

殺菌作用に優れていることから、葉を床に敷き詰めるストローイングハーブとして使われた歴史もあるそうです。

私たちはセージというと、ハーブティーの方が馴染み深いかもしれませんが、勉強部屋の集中力アップに芳香浴から精油デビューをしてみてはいかがでしょうか?

執筆者 HARUKA

アロマテラピーを学んだ最初のきっかけは、サロンの業務に必要だったため、しかたなくでした。ですが学べば学ぶほどアロマテラピーにすっかり魅了されてしまい、今の私にとって、アロマテラピーは毎日の生活に欠かせないものになっています。所有資格:英国IFA認定アロマセラピスト