Essential Oil

(香りのタイプ)

ローズオットーの精油は、エレガントで甘く華やかさのあるフローラルな香りが特徴です。

(作用・効果・効能)

ローズオットーの精油には、浄血作用・ホルモン分泌作用・細胞活性作用・抗鬱作用があるとされています。

(こんな気持ちの方に)

うつ・心痛・嫉妬といった状態のときに、ローズオットーの精油を試してみるといいです。

ローズオットーは「愛の精油」とも呼ばれていて、寂しさ、孤独感をしずめてくれ、優しいエネルギーを与えて感情を開放させてくれます。

同時に心を高揚させる働きもあるので、女性らしさを引き出したいときにも最適です。

(こんな症状の方に)

ローズオットーの精油は、更年期障害・月経前緊張症・月経トラブルといった症状に効果があるといわれています。

ホルモンバランスを整え子宮を強壮するので、婦人科系トラブルに積極的に使用したい精油です。

アロマバスでゆっくり香りを楽しむのもよし、月経前にトリートメントをして心身ともに解きほぐすのもよし。

ローズオットーの精油はブレンドしても香りの主役となり、婦人科系トラブルの強い味方となってくれますよ。

(肌タイプ・肌トラブル)

老化肌・肌あれ・かゆみといったお肌のトラブルに、ローズオットーの精油は効果的です。

皮膚細胞の新陳代謝をよくし、浄血作用もともなうことから、アンチエイジング目的で使われることが多いです。

血管が目立つ肌にも、ローズオットーの精油はおすすめです。

(楽しみ方・使い方)

ローズオットーの精油は、芳香浴・トリートメント・スキンケア・アロマバスに使われることが多いです。

ちなみに、ローズオットーの精油は水蒸気蒸留法で抽出されます。

抽出過程で溶剤を使用していないので、お肌に影響を与えず、スキンケア向きといえます。

(使用する時間帯)

ローズオットーの精油は、夜に使うのがおすすめです。

香りが強いので、朝や昼に使用する場合はお出かけするシーンを考慮して使用分量に気をつけてください。

夜の優雅なリラックスタイムには、ローズオットーの精油は最適です。

(ブレンドアドバイス)

ローズオットーの精油は基本的にどの精油とも相性がいいです。

いろいろなブレンドが考えられますが、たとえば次のような組み合わせから試してみるといいでしょう。

「更年期のお悩みブレンド」
ローズオットー+ベチバーラベンダー

「-5歳ブレンド」
ローズオットー+パルマローザネロリフランキンセンス

(注意事項)

ローズオットーの精油は、妊娠中は使用分量に気をつけましょう。

(ひとこと)

ローズオットーは、ローズ(アブソリュート)よりも高価な精油です。

劣化しにくく、気温10度以下になると固まるのが特徴です。

お手元にある精油を冷蔵庫に入れて、もし固まらなければ、それは純度100%のローズオットーではありません!

ちまたではローズ香のするパルマローザやゼラニウムを配合したローズ油が、ローズオットーと称して安価で販売されていたりします。

相場より安い、成分が不明瞭など、んっ? と思ったら冷蔵庫へGO! です。

執筆者 HARUKA

アロマテラピーを学んだ最初のきっかけは、サロンの業務に必要だったため、しかたなくでした。ですが学べば学ぶほどアロマテラピーにすっかり魅了されてしまい、今の私にとって、アロマテラピーは毎日の生活に欠かせないものになっています。所有資格:英国IFA認定アロマセラピスト