Essential Oil

(香りのタイプ)

プチグレンの精油は、やや青臭さが残るフローラル調の、クセになる香りが特徴です。

(作用・効果・効能)

プチグレンの精油には、鎮静・抗うつ・免疫賦活作用があるとされています。

(こんな気持ちの方に)

うつ・ストレスを感じやすいといった状態のときに、プチグレンの精油が役に立ちます。

プチグレンの精油を使うと神経を強くさせる作用が働くため、ストレスに強い気丈な心へと導いてくれるでしょう。

また、凛とした柔らかな強さを持った香りが、過度なストレスで崩れた精神面をしっかりとサポートし、乗り越える心の強さを与えてくれます。

(こんな症状の方に)

ストレス性の身体不調・気管支炎といった症状のときに、プチグレンの精油を使ってみてください。

鎮静作用が優れているので、ストレスによる心身のアンバランスからくる症状に用いると効果的です。

ストレスからくる消化不良や胃痛、便秘などに、ぜひプチグレンの精油を試してみましょう。

(肌タイプ・肌トラブル)

ニキビ・脂性肌といったお肌の悩みに、プチグレンの精油を使うと効果が期待できます。

皮膚分泌が過剰な肌や頭皮をきれいに保ち、ニキビや傷の回復を早めてくれます。

皮脂分泌が盛んで毛穴が開いている場合は、プチグレンの精油をサンダルウッドやパルマローザとブレンドして、トリートメントやフェイススチームをするといいでしょう。

(楽しみ方・使い方)

プチグレンの精油は、芳香浴・トリートメント・アロマバス・ヘアケアなどに活用できます。

私は精神的な疲労が積み重なってるなぁと感じるときに、プチグレンの精油にベルガモットとオレンジをブレンドしてアロマバスを楽しむことが多いです。

とても安らぐのでおすすめです。

香りの強い精油との相性がいい精油ですが、心の重みを取りたいときは、軽めの柑橘系の精油とブレンドしてみてもいいでしょう。

(使用する時間帯)

プチグレンの精油を使用する時間帯は、ズバリ夜です。

眠気を誘う精油なので、夜寝る前に使うと、安眠効果が期待できます。

(ブレンドアドバイス)

プチグレンの精油は、樹木系やフローラル系の精油と相性がいいです。

たとえば次のようなブレンドを試してみるといいでしょう。

「ストレス解放ブレンド」
プチグレン+シダーウッドアトラスラベンダー

「肌荒れブレンド」
プチグレン+パルマローザネロリ

(注意事項)

プチグレンの精油は鎮静効果が強いので、車を運転するときや、集中したいときは使用しないほうがいいでしょう。

(ひとこと)

私個人の勝手な意見ですが、プチグレンは男性向きの香りかな? と思っています。

というのも、サンダルウッドやシダーウッドアトラスなど、ちょっとオリエンタルで芯のある香りと相性がいいからです。

もちろん、香水にするなど女性にも好まれる香りなんですが、私は男性のお客さまからブレンドを依頼されたときによく使っていました。

プチグレンは香りが残らないので嫌味がなく、ブレンドすると活きる香りなのでイチオシです。

執筆者 HARUKA

アロマテラピーを学んだ最初のきっかけは、サロンの業務に必要だったため、しかたなくでした。ですが学べば学ぶほどアロマテラピーにすっかり魅了されてしまい、今の私にとって、アロマテラピーは毎日の生活に欠かせないものになっています。所有資格:英国IFA認定アロマセラピスト