Essential Oil

(香りのタイプ)

ミルラの精油は、薬を思わせる中にややスパイシーさと苦みのある香りが特徴です。

(作用・効果・効能)

ミルラの精油には、抗菌作用・免疫賦活作用・鎮静作用があるとされています。

(こんな気持ちの方に)

うつ・心が浮つくといった状態のときに、ミルラの精油が役に立ちます。

心身ともに浄化するエネルギーを放ち、グラウンディング効果で浮ついた気持ちをしっかりと地に足をつけて、安定させてくれるでしょう。

そして、次なる挑戦へのエネルギーを高めてくれます。

(こんな症状の方に)

咳・風邪・気管支炎・ホルモンバランスの崩れといった症状のときに、ミルラの精油を試してみてください。

白血球を活性化させることにより、免疫力を促進します。

咳を伴う風邪の症状には、ミルラの精油をユーカリラディアータやラベンサラと、ブレンドしてトリートメントすると少し症状が緩和します。

ストレス性のホルモンバランスの崩れには、ミルラの精油をゼラニウムとブレンドして、トリートメントしてみてください。

(肌タイプ・肌トラブル)

あかぎれ・手荒れ・ひび割れといった肌コンディションで困っているときに、ミルラの精油を使ってみるといいかもしれません。

傷の回復をうながし、組織を固め、強化してくれます。

治りの遅い傷や、かかとの乾燥、あかぎれにもミルラの精油がおすすめです。

(楽しみ方・使い方)

ミルラの精油は、芳香浴・トリートメント・スキンケア・アロマバス・吸入などの楽しみ方ができます。

心がそわそわして落ち着かないとき、気持ちが定まらずイライラが募るときは、ミルラの精油をローズウッドやサンダルウッドとブレンドして、芳香浴やアロマバスをしてみてはいかがでしょうか?

(使用する時間帯)

ミルラの精油を使用する時間帯としては、おもに昼・夜がいいと思います。

少しスパイシーさがある精油ですが、リフレッシュ効果というよりリラックス効果(グラウンディング効果)の方が高いので夜向きです。

(ブレンドアドバイス)

ミルラの精油は、おもに樹脂系やスパイス系の精油と相性がいいです。

たとえば次のようなアロマブレンドを楽しんでみてください。

「心のざわつき解消ブレンド」
ミルラ+ブラックペッパーベンゾイン

「手荒れブレンド」
ミルラ+ネロリサンダルウッドフランキンセンス

(注意事項)

ミルラの精油はとても固まりやすい性質があるので注意してください。

放置してるとガチガチに固まってしまうので、こまめに中身をチェックしましょう。

また、ミルラの精油には通経作用(月経を促進する作用)があるので妊娠中は使用を避けましょう。

香りが強いので、通常は1〜2滴で十分です。

(ひとこと)

古代エジプトでは、ミイラの防腐保存処理にミルラの樹脂を使っていたそうで、殺菌消毒作用が優れていることで知られています。

そのため、皮膚の炎症や殺菌に有効なので、水虫防止のフットバスや、あかぎれにハンドクリームといった、スキンケアの用途が広いです。

香りはちょっと個性的ですが、心が澄み渡って落ち着きます。

ミルラの香りを嗅ぐと、「ふぅ〜っ」と全神経が呼吸に集中してリラックスできますよ。

執筆者 HARUKA

アロマテラピーを学んだ最初のきっかけは、サロンの業務に必要だったため、しかたなくでした。ですが学べば学ぶほどアロマテラピーにすっかり魅了されてしまい、今の私にとって、アロマテラピーは毎日の生活に欠かせないものになっています。所有資格:英国IFA認定アロマセラピスト