Essential Oil

(香りのタイプ)

マンダリンの精油は、オレンジよりも甘く奥深い香りが特徴です。

(作用・効果・効能)

マンダリンの精油には、抗鬱作用・強壮作用・消化器系調整作用・細胞活性作用があるとされています。

(こんな気持ちの方に)

不眠症・神経性緊張といった状態のときは、マンダリンの精油をぜひ使ってみてください。

マンダリンの甘い香りが高ぶった神経をしずめて、リラックスさせてくれます。

ささいなことで神経が過敏になったり、緊張しやすい方にぜひ試してみていただきたい精油です。

(こんな症状の方に)

ストレス性消化不良・食欲不振といった症状があるときは、マンダリンの精油を使ってみてはいかがでしょうか。

マンダリンの精油には、肝機能を高め、消化酵素の分泌を刺激する作用があり、気分の落ち込みから食欲不振になってしまうようなケースで効果的といわれています。

ストレスによる吐き気、ガスが溜まるときにも使ってみるといいでしょう。

(肌タイプ・肌トラブル)

老化肌・妊娠線といったお肌の悩みに、マンダリンの精油を活用することもできます。

マンダリンの精油には真皮組織を強めて収れんさせる働きがあり、組織を柔らかくするので、妊娠線の予防にもおすすめできます。

ネロリやラベンダーとブレンドして、気になる場所をトリートメントしましょう。

(楽しみ方・使い方)

アロマバス・トリートメント・スキンケア・香水・芳香浴など、マンダリンの精油の楽しみ方はさまざまです。

かんきつ系の中では香りが濃く長持ちするので、芳香浴でも長く楽しめます。

足のかかとがカサカサになるときは、マンダリンの精油にベンゾインとミルラをブレンドしたクリームで保湿するとしっとりになりますよ。

(使用する時間帯)

マンダリンの精油を使用する時間帯としては、夜がいいかもしれません。

もちろん、芳香浴であれば時間を問わず使用できるのですが、肌刺激があるので、塗布後は直射日光を避けるということを覚えておいてください。

(ブレンドアドバイス)

マンダリンの精油は、樹木以外の精油と相性がいいです。

たとえば次のようなブレンドで使ってみてください。

「ストレス胃炎ブレンド」
マンダリン+スイートバジル・スイートマージョラム

「夜ぐっすりブレンド」
マンダリン+イランイランラベンダー

(注意事項)

マンダリンの精油には光毒性が多少あるので、塗布後は直射日光を避けることが大切です。

外出前は気をつけてくださいね。

(ひとこと)

マンダリンの精油は、オレンジやレモンより少し甘くて深い、大人な印象の精油です。

といいつつ、そんな印象とは裏腹に、お子さんにも人気が高く好まれる香りです。

リラックス効果がとても優れているので、多動性のお子さんには、マンダリンを薄く希釈したオイルを、円を描くようにゆっくりと手で温めながら塗布するとよいといわれています。

執筆者 HARUKA

アロマテラピーを学んだ最初のきっかけは、サロンの業務に必要だったため、しかたなくでした。ですが学べば学ぶほどアロマテラピーにすっかり魅了されてしまい、今の私にとって、アロマテラピーは毎日の生活に欠かせないものになっています。所有資格:英国IFA認定アロマセラピスト