Essential Oil

(香りのタイプ)

ヒノキの精油は、森を感じさせるウッディでややスパイシーな香りが特徴です。

(作用・効果・効能)

ヒノキの精油には、抗菌作用・鎮静作用・昆虫忌避作用があるとされています。

(こんな気持ちの方に)

次のステップに進みたい・自分を見失うといったときに、ヒノキの精油を使ってみるといいです。

気持ちを落ち着かせてくれる香りなので、現実を直視する勇気が出てきます。

静かに自分と向き合い、落ち着きを取り戻すのに役立つ精油です。

(こんな症状の方に)

むくみ・冷え性といった症状に、ヒノキの精油は効果的とされています。

血液循環をよくする作用や、うっ滞除去作用があるので、冷え性やむくみがある方におすすめです。

足のむくみやすい方は、ヒノキの精油にジュニパーベリーやジンジャーをブレンドして、フットトリートメントをするといいでしょう。

足の血行がよくなり、冷え性やむくみに効果的です。

(肌タイプ・肌トラブル)

脂性肌・ニキビといった肌コンディションなら、ヒノキの精油が役立つかもしれません。

収れん作用や殺菌作用があるので、脂っぽい脂性肌や炎症のあるニキビ肌のケアに向いています。

(楽しみ方・使い方)

ヒノキの精油には、芳香浴・アロマバス・ヘアケア・スキンケアといった楽しみ方があります。

たとえば、頭皮の脂っぽさやフケが気になる方は、ヘアケアにヒノキの精油を使うといいでしょう。

顏の毛穴が気になる方でしたら、ヒノキの精油にローズマリーをブレンドして、フェイシャルスチームで毛穴ケアをしてみるのもおすすめです。

(使用する時間帯)

ヒノキの精油は、朝・昼・夜、時間帯を問わずに活用できます。

(ブレンドアドバイス)

ヒノキの精油は、おもに樹木系やハーブ系の精油と相性がいいです。

たとえば次のようなブレンドを試してみるといいですよ。

「お肌引き締めブレンド」
ヒノキ+サイプレスローズマリー

「森林ブレンド」
ヒノキ+パインローズウッド

(注意事項)

妊娠している方は、ヒノキの精油は使わないようにしてください。

また、皮膚刺激を感じる場合があるので、敏感肌の方は使用量に注意してください。

(ひとこと)

日本人といえばお風呂好き。そして、お風呂といえばヒノキ風呂。

ヒノキの精油を1滴垂らすだけで、我が家のお風呂があっという間にヒノキ風呂に早変わりしちゃいます。

日本人にとって、ヒノキの精油はアロマバスで楽しむのにぴったりですね。

ただし、ちょっと粘性があるので、アロマバスで使うときはよく混ぜるようにしてください。

執筆者 HARUKA

アロマテラピーを学んだ最初のきっかけは、サロンの業務に必要だったため、しかたなくでした。ですが学べば学ぶほどアロマテラピーにすっかり魅了されてしまい、今の私にとって、アロマテラピーは毎日の生活に欠かせないものになっています。所有資格:英国IFA認定アロマセラピスト