Essential Oil

(香りのタイプ)

ユーカリグロブルスの精油は、頭の奥まで染み通るようなクリアな香りが特徴です。

(作用・効果・効能)

ユーカリグロブルスの精油には、去痰作用・抗菌作用・利尿作用・免疫賦活作用があるとされています。

(こんな気持ちの方に)

やる気が起きない・ふさぎがちといった状態のときに、ぜひユーカリグロブルスの精油を試してみてください。

リフレッシュ効果が高く、心が衰弱してるときに役立ちます。

生きていくことに圧迫感を感じているときに用いると、勇気とやる気がみなぎってきます。

ユーカリグロブルスの精油は、精神の浄化にもおすすめです。

(こんな症状の方に)

花粉症・風邪・鼻水・筋肉痛・肩凝りといった症状があるときは、ユーカリグロブルスを使ってみましょう。

気管支や肺のうっ血を取り除き、痰を出しやすくしてくれます。

肺の中で毛細血管と肺胞間のガス交換を活発にし、呼吸を楽にしてくれる作用もあります。

筋肉痛がある場合は、ユーカリグロブルスの精油を使ってトリートメントすると、筋肉の炎症をやわらげることができます。

痛みのある筋肉痛には、ラベンダーとユーカリグロブルスのブレンドがおすすめです。

(肌タイプ・肌トラブル)

やけど・切り傷といった肌トラブルに、ユーカリグロブルスの精油が効果的。

殺菌作用と瘢痕(はんこん)形成作用があるので、やけどや傷の手当てにぜひ使ってみてください。

ただし、皮膚刺激が強いので、肌に塗布するときは使用分量に気をつけましょう。

敏感肌の方は使用を控えたほうがいいかもしれません。

(楽しみ方・使い方)

芳香浴・アロマバス・トリートメント・吸入・湿布など、ユーカリグロブルスの精油にはさまざまな楽しみ方があります。

たとえば、2%に薄めて空気中に散布すると、室内のブドウ球菌が70%死滅したという臨床実験があります。

同じく抗菌作用のあるティートリーなどとブレンドして拡散すると、風邪予防になるともいわれています。

強い香りが苦手な方は、ユーカリグロブルスをラベンダーやベンゾインとブレンドすると、角が取れて少しソフトな香りになります。

(使用する時間帯)

ユーカリグロブルスの精油を使用する時間帯としては、朝・昼がおすすめです。

尖ったクリアな香りが頭脳明晰にしてくれるので、活動的な朝や昼向きの精油といえます。

(ブレンドアドバイス)

ユーカリグロブルスの精油は、スッキリした香りの精油と相性がいいです。

たとえば次のようなブレンドが考えられます。

「無敵の風邪予防ブレンド」
ユーカリグロブルス+サイプレスティートリー

「咳ストップブレンド」
ユーカリグロブルス+ローズマリー

(注意事項)

乳幼児・高血圧・てんかん・妊娠中といった方には、使用を避けるようにしてください。

また、皮膚刺激が強いので、使用分量に気をつけてください。

(ひとこと)

ユーカリグロブルスは、毎年花粉症の時期になるとお世話になっている精油です。

パンチのあるクリアな香りが、花粉症の鼻水と頭痛でぼーっとした頭をスッキリとさせてくれます。

職場ではティッシュに1滴垂らしてデスクに置いたり、通勤中はマスクに忍ばせて電車に乗ったりと大活躍です。

マスクに使う場合は、皮膚刺激を起こす場合があるので、アロマスプレーにして振りかけるのがおすすめです。

執筆者 HARUKA

アロマテラピーを学んだ最初のきっかけは、サロンの業務に必要だったため、しかたなくでした。ですが学べば学ぶほどアロマテラピーにすっかり魅了されてしまい、今の私にとって、アロマテラピーは毎日の生活に欠かせないものになっています。所有資格:英国IFA認定アロマセラピスト