Essential Oil

(香りのタイプ)

サイプレスの精油は、森の中にいるようなクリアでシャープな香りが特徴です。

(作用・効果・効能)

サイプレスの精油には、利尿作用・ホルモン様作用・鎮静作用・鎮咳・収れん作用があるとされています。

(こんな気持ちの方に)

興奮状態・注意力の欠如といった状態のときに、サイプレスの精油を活用してみましょう。

サイプレスのクリアな香りが、現実を直視し、冷静さと安定をもたらしてくれます。

また、頭を整理したいときや、精神安定に役立ちます。

足を地につかせ、現実を見る手助けをしてくれます。

トリートメントで「これから試験期間なんです!」という学生さんに、サイプレスの精油を使用した経験があります。

たいへん喜んでいただけました。

(こんな症状の方に)

月経痛・月経前緊張症・むくみ・気管支炎といった症状があるときに、サイプレスの精油が効果的です。

サイプレスは女性のお悩み全般に役立ち、月経前の情緒不安定や、更年期障害にもおすすめです。

体内に滞った余分な老廃物を流す作用があるので、むくみやダイエットにも活用できます。

乾いたような咳や呼吸を楽にしてくれるので風邪をひいたときにも役立ちます。

私は月経前のイライラで食べ過ぎたりしてしまうときに(いつものこと?)、アロマバスでサイプレスの精油を使っています。

(肌タイプ・肌トラブル)

脂性肌のスキンケアに、サイプレスの精油がおすすめです。

肌を引き締める収れん作用があるので、脂性肌のお手入れに使いやすいです。

ローションやヘアケア、フェイシャルスチームも試してみてください。

(楽しみ方・使い方)

アロマバス・トリートメント・スキンケア・ヘアケアなど、サイプレスの精油はさまざまな用途で役立ちます。

脂性肌の方は頭皮ケアにヘアローションにしてもいいですね。

サイプレスの精油にはデオドラント作用もあるので、ボディローションやボディスプレー、足浴など、夏場の匂いケアにもおすすめ。

ちょっとクールな香りなので男性向きかもしれません。

(使用する時間帯)

サイプレスの精油を使用する時間帯としては、昼から夜にかけてがおすすめです。

空気清浄作用のあるリフレッシュできるスッキリした香りですが、鎮静効果が強いので、昼から夜に使ってみてください。

(ブレンドアドバイス)

サイプレスはどの精油とも相性がよく、使いやすいです。

たとえば次のようなブレンドを試してみてはいかがでしょうか。

「心復活ブレンド」
サイプレス+プチグレンローマンカモミール

「女性イライラ解消ブレンド」
サイプレス+クラリセージレモン

「心身スッキリブレンド」
サイプレス+ジュニパーベリーパイン

(注意事項)

サイプレスの精油をアロマバスに使うと、肌刺激が起こる場合があります。

また、妊娠中は使用を避けましょう。

(ひとこと)

サイプレスの精油には余分な体液を流す作用があるのですが、気の流れも動かすといわれています。

ちょっと迷いのあるときや、しっかり落ち着いて考えたいときなどに使うと落ち着きます。

また、森の中にいるような清々しい香りですが、私が一番初めに嗅いだときの印象は「ラムネに似てる・・」でした(笑)

サイプレスは、爽やかで少し可愛らしさがあって、私の好きな精油のひとつです。

私のお気に入りブレンドは花の精油です。

執筆者 HARUKA

アロマテラピーを学んだ最初のきっかけは、サロンの業務に必要だったため、しかたなくでした。ですが学べば学ぶほどアロマテラピーにすっかり魅了されてしまい、今の私にとって、アロマテラピーは毎日の生活に欠かせないものになっています。所有資格:英国IFA認定アロマセラピスト