Essential Oil

(香りのタイプ)

シダーウッドアトラスの精油は、ややカンファー調のウッディな香りが特徴。

深呼吸したくなるような香りです。

(作用・効果・効能)

シダーウッドアトラスの精油には、鎮静作用・収れん作用・抗菌作用があるとされています。

(こんな気持ちの方に)

神経衰弱・うつ状態といった落ち込んだ気分のときに、シダーウッドアトラスの精油を使ってみてください。

シダーウッドアトラスのウッディな香りが、気持ちを安定させ心に自信を呼び戻させてくれます。

脳を活性化する作用もあることから、本来すべきことを気付かせる助けをしてくれます。

私がトリートメントをする際には、心が疲弊しているビジネスマンの方に積極的に使うようにしています。

みなさん、とても喜んでいただけますよ。

(こんな症状の方に)

気管支炎・むくみ・リューマチといった症状があるなら、シダーウッドアトラスが役に立つかもしれません。

呼吸器系の粘膜の切れをよくし、スムーズにしてくれます。

また、余分な体液を流しやすくするので、むくみやすい方や肥満を感じる方にもおすすめです。

(肌タイプ・肌トラブル)

炎症がある肌・脂性肌のスキンケアに、シダーウッドアトラスの精油が活用できます。

ストレスや体に毒素が溜まってできる吹き出物に効果的です。

ニキビやフケなど炎症がある場合に用いてもいいでしょう。

(楽しみ方・使い方)

アロマバス・トリートメント・スキンケア・ヘアケアなどに、シダーウッドアトラスの精油が使われます。

皮脂が多い髪や抜け毛が多いときに、シャンプーに混ぜて使うと、脱毛を予防したり、皮脂による髪のべたつきを抑えることができます。

また、シダーウッドアトラスの精油は空気の浄化にも役立ちます。

芳香浴や掃除にもぜひ試してみてください。

(使用する時間帯)

シダーウッドアトラスの精油は、朝・昼・夜と、時間を問わずに活用できます。

血圧を上昇させる作用があるので、朝、低血圧になりやすい方に使うとよいでしょう。

(ブレンドアドバイス)

シダーウッドアトラスの精油は、花・ハーブ・樹木系の精油と相性がいいです。

たとえば次のようなブレンドがおすすめです。

「深呼吸ブレンド」
シダーウッドアトラス+サイプレスフランキンセンス

「気管支炎対策ブレンド」
シダーウッドアトラス+ローズマリー

(注意事項)

シダーウッドアトラスの精油は、大量に使用すると皮膚刺激を感じることがあります。

また、妊娠中は使用を控えましょう。

高血圧の方は分量に注意して、最初は少量から試すようにしてください。

(ひとこと)

精油を販売していたときに、小さいお子さんがこの精油を嗅いで、「臭い!鉛筆みたい!」と嫌な顔をしてのけ反ってました。

とても微笑ましい思い出です。

感じ方はさまざまですが、たしかに少し鉛筆のような香りがありますね。

でも、不思議なことにラベンダーとブレンドすると、ラベンダーの後に甘くシダーウッドアトラスが残り、とても心地よくリラックスできる香りとなります。

私のアロマバスの定番ブレンドです。

執筆者 HARUKA

アロマテラピーを学んだ最初のきっかけは、サロンの業務に必要だったため、しかたなくでした。ですが学べば学ぶほどアロマテラピーにすっかり魅了されてしまい、今の私にとって、アロマテラピーは毎日の生活に欠かせないものになっています。所有資格:英国IFA認定アロマセラピスト