Essential Oil

(香りのタイプ)

バジルリナロールの香りは、甘い中にややスパイシーさがあります。

食欲をそそる香りといっていいかもしれません。

(作用・効果・効能)

バジルリナロールの精油には、消化器調整作用・抗鬱作用・自律神経調整作用・鎮痛作用などがあるとされています。

(こんな気持ちの方に)

バジルリナロールの精油は、神経過敏・うつ・ヒステリックといったケースで試してみるといいでしょう。

情緒不安定なときや憂鬱なときに使用すれば、あなたの心を優しく励ましてくれるはず。

考え方をクリアにしてくれるとともに、心に平和をもたらし、楽天的な考え方に導いてくれるでしょう。

(こんな症状の方に)

バジルリナロールの精油は、消化酵素の分泌をうながし、腸の中の寄生虫を追い出す作用があります。

また、副腎皮質の働きをサポートし、ストレスやそれにまつわるホルモンも乱れも改善してくれます。

私は緊張して胃が痛くなるときに、トリートメントで使っていました。

少し症状が緩和されてラクになりました!

まとめると、バジルリナロールの精油は、ストレス性胃炎・便秘・下痢などの症状で悩んでいるときに試してみてください。

(肌タイプ・肌トラブル)

バジルリナロールの精油には、皮膚刺激があるので注意が必要です。

敏感肌の方は肌につけないようにするか、なるべく少量で使用するようにしてください。

(楽しみ方・使い方)

バジルリナロールの精油は、アロマバス・芳香浴・トリートメントなど、いろいろな楽しみ方ができます。

芳香浴で使用するときはレモンやローズマリー、プチグレンとブレンドするととても爽やかで心地よい香りになります。

トリートメントで使用するときも、単品で使用するより、ブレンドするとバジルの甘みが優しくなり、使いやすくなります。

(使用する時間帯)

バジルリナロールは、朝・昼・夜と、時間を選ばず使用できます。

朝に柑橘系やミントとブレンドして、爽快に一日を始めるのもOKですし、夜にラベンダーやネロリとブレンドすると、ぐっすり安眠することもできます。

(ブレンドアドバイス)

バジルリナロールの精油は、フローラル系やハーブ、樹脂系と相性がいいです。

たとえば次のようなブレンドを試してみるといいでしょう。

「胃痛バイバイブレンド」
バジルリナロール+ペパーミントラベンダー

「朝ブレンド」
バジルリナロール+ローズマリーユーカリグロブルスフランキンセンス

(注意事項)

バジルリナロールの精油には皮膚刺激があるので、敏感肌の方や、乳幼児への使用分量には注意が必要です。

エストロゲン作用があるので妊娠中は使用を控えましょう。

(ひとこと)

最初バジルの精油と聞いたときに、「え? バジル??」と、少し身構えてしまいました。

バジルというと食べるハーブのイメージで、精油にするときつい香りになるのでは? と思ったのです。

ですが、そんな私の勝手な妄想を見事に裏切り、バジルの精油はとってもいい香りでした!

単品よりもブレンドをした方が一段といい香りになります。

まるで料理をしているようですね。

執筆者 HARUKA

アロマテラピーを学んだ最初のきっかけは、サロンの業務に必要だったため、しかたなくでした。ですが学べば学ぶほどアロマテラピーにすっかり魅了されてしまい、今の私にとって、アロマテラピーは毎日の生活に欠かせないものになっています。所有資格:英国IFA認定アロマセラピスト