【アロマテラピー入門】現役アロマセラピストが基礎から実践法まで徹底解説いたします!

夏バテアロマケア

 

暑い〜!あつい〜〜!! こんな言葉ばかり出てくる蒸し暑い夏。冷たい飲みものやアイスを、つい食べ過ぎてしまいますよね。

 

 

さらに、ギンギンに冷えた冷房に当たり、体温調節が乱れてだるさを感じたり、おなかを壊すことも! 私も毎年同じことを繰り返してしまいます。。

 

夏バテをシャキッとさせるならアロマバス

 

体がだるい、、やる気が起きない・・・そんな風に夏バテで体のだるさを感じたときは、アロマバスに入って汗を流してスッキリしましょう♪

 

お供する精油は、冷えや消化器系に作用するジンジャーと強壮作用のあるジュニパーベリーです。これらをバスソルトに混ぜて使用します。お湯に浸かるのが抵抗ある方は、足浴や手浴だけでもOKです。

 

内蔵を冷やし過ぎないように注意

 

冷たいものを摂りやすい夏は、内臓も冷えやすくなるので、ジンジャーブラックペッパーを使ったオイルでおなかのトリートメントもおススメです。

 

特に女性の場合は、冷えから月経周期による不調が起こる場合もあるので、さらにゼラニウムクラリセージをブレンドすると、女性のお悩みにも作用して体も温まりW効果が見込めます。

 

オススメの精油

ジンジャー
ジュニパーベリー
スイートマジョラム
パルマローザ

 

夏バテによるだるさ、胃腸の不調におすすめ。

 

おススメの夏バテアロマケア法

  • 夏バテによる消化器系の不調にはペパーミントが良いのですが、直接触れると体を冷やす恐れがあるので、アロマバス以外の方法で使用すると良いでしょう。
  • また、夏は体の奥が冷えやすいですが、汗をかき、体温調節ができず熱中症にかかることもあります。熱中症予防に、熱を冷ます作用のあるペパーミントの精油で作った冷たいおしぼりを持ち歩くと便利です。
  • ペパーミントのおしぼりは、首の後ろに当てて熱を冷ましましょう。ただし、ペパーミント入りのアロマバスは、体を冷やし過ぎる恐れがあるので注意してくださいね!

 

page top