ホホバオイル

ホホバオイルといわれていますが、植物性のワックスなので、正しくは、ホホバワックスといいます。飽和脂肪酸であるステアリン酸を70%含む液体ワックスです。オイルは低温で固まりませんが、ホホバワックスは5℃以下で固まるのが特徴です。オイルではないので、香りもほぼ無臭で肌刺激もなく、安定して酸化しづらいので、クラフト作りに使われることが多いです。

 

アロマトリートメントサロンでは、グレープシードやスイートアーモンドのキャリアオイルを使うことが多いのですが、フェイシャルトリートメントを敏感肌の方に施すときには、精油をブレンドせずにホホバだけでトリートメントしていました。他のオイルよりは多少高価ですが、1本あると幅広く使えるので、一家に一本あると便利です!

 

浸透力に優れ、皮膚バリアのバランスを整えるので、乾燥した頭皮のケアや、赤ちゃんのおむつかぶれにも使用することができます。

 

(アロマセラピスト香桜梨)

ブレンドアドバイス

保湿フェイシャルブレンド

ホホバオイル+ネロリ・イランイラン

敏感肌クリームブレンド

ホホバオイル+カモミールローマン・ラベンダー

 

ホホバオイルの基礎知識

基本情報

項目

説明・解説

作用

鎮静作用・保湿作用・皮膚分泌調整作用。

使い方

精製しているものは無臭、未精製のものは多少香りがします。安定した基材として単独で使用することができます。

スキンケア
アドバイス

オイルの中で最も安定性があるので、クラフト作りで重宝されます。人間の皮脂に近く、ゆっくり浸透するため、ベタベタとした使い心地がなく、アトピーや敏感肌の方のクリーム作りなどにおすすめです。

注意事項

特にありません。

楽しみ方

項目

説明・解説

備考

こんな症状の方に

肌トラブル

敏感肌・湿疹・かぶれ。

肌の炎症を緩和させる作用があるので、ニキビ肌にも使用することができます。浸透力が優れているので、敏感肌や老化肌の方、オールスキンに対応できるとても万能なキャリアオイルです。