小麦胚芽オイル

小麦の胚芽部分から作られるオイルです。香りは独特な穀物の香りがして、初めて嗅いだ時に「うっ!!」と、体を反らせた覚えがあります。小麦の香ばしさを想像するとがっかりするのでご注意ください!でも、単品で使わずに希釈して使えば、そんなに気にならないのでご安心を。

 

ビタミンEが豊富で酸化しづらく、他の植物油に混ぜると長期保存が可能になります。例えば、酸化しやすいグレープシードオイルに入れると保存期間が伸びます!

 

ビタミンEといえば、言わずと知れたアンチエイジングのビタミンですね。乾燥しやすい季節の手や唇の荒れ防止クラフト作りに、手足のひび割れ防止のトリートメントにも使うことができます。クリームではローズやジャスミン、トリートメントではパルマローザやゼラニウム、ベンゾインなど香りが長く持つ精油をブレンドすると、心地よい香りが持続しますよ!

 

(アロマセラピスト香桜梨)

ブレンドアドバイス

冷え性トリートメントブレンド

小麦胚芽オイル+スイートアーモンド(キャリアオイル)
小麦胚芽オイル+ジンジャー・サンダルウッド・シナモン(精油)

 

小麦胚芽オイルの基礎知識

基本情報

項目

説明・解説

作用

酸化防止作用・細胞修復作用・血行促進作用。

使い方

粘性があるので、5〜10%の割合で他のキャリアオイルに希釈して使用しましょう。

スキンケア
アドバイス

コクのあるタイプのマカデミアナッツオイルとブレンドして、乾燥ケアのクラフトなどを作ってみてはいかがでしょうか?

注意事項

小麦アレルギーの方は使用を避けてください。

楽しみ方

項目

説明・解説

備考

こんな症状の方に

筋肉痛・冷え性。

筋肉の疲れを緩和させ血流を良くするので、運動後のトリートメントや冷え性にも◎。

肌トラブル

乾燥肌・老化肌・しもやけ。

抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれているのが特徴です。肌の老化を防ぐため、アンチエイジングケアで使うと◎。また、血行促進効果があるので、しもやけや肌荒れの緩和に効果を発揮します!