【アロマテラピー入門】現役アロマセラピストが基礎から実践法まで徹底解説いたします!

セントジョンズワートオイル

セントジョンズワートオイル

セントジョーンズワートの花を植物油に浸出し、薬効を植物油にうつして作られます。特徴的な赤色をしており、とても高価です!

 

セントジョーンズのハーブティーは抗うつ作用があることで有名ですが、浸出油も神経系の鎮静に効果があるといわれています。神経痛など部分的に痛みを伴う場合は、希釈せずに単独で使ってもよいでしょう。

 

私は、痛みがある肩こりのときや、むくみで足がパンパンで、どうにもだるいときのスペシャルケアでたまに登場してます。単品では滑りが悪く使いづらいので、他のキャリアオイルで希釈しています。キャリアオイルはさらっとした使い心地のグレープシードが一番おススメですよ!

 

セントジョンズワートオイルはこちら ≫

 

ブレンドアドバイス

打ち身ブレンド

セントジョンズワートオイル+カレンデュラオイル(キャリアオイル)
セントジョンズワートオイル+カモミールローマン・シダーウッド(精油)

神経痛ブレンド

セントジョンズワートオイル+マカデミアナッツオイル(キャリアオイル)
セントジョンズワートオイル+レモングラス・ラベンダー(精油)

 

セントジョンズワートオイルの基礎知識

基本情報

項目

説明・解説

作用

鎮静作用・鎮痛作用・利尿作用・抗炎症作用。

使い方

粘性があるので、5〜20%の割合で他のキャリアオイルに希釈して使用しましょう。

スキンケア
アドバイス

アルニカオイルやカレンデュラオイルとブレンドすると、打ち身や傷跡に有効です。

注意事項

・抗がん剤の使用中は、影響がでる恐れがあるので使用を避けてください。
・光毒性があるので使用後は直射日光を避けましょう。

楽しみ方

項目

説明・解説

備考

こんな症状の方に

神経痛・筋肉痛・リウマチ・むくみ。

痛みを軽減し、痛みの原因を流す作用があります。同じく痛み原因を排出する精油のローズマリーやゆずなどの精油をブレンドしてトリートメントをすると症状が緩和されます。

肌トラブル

切り傷・火傷・傷跡・蕁麻疹。

痛みだけでなく、デトックス効果があるので、蕁麻疹や痔など炎症がある場合にも有効です。

 

セントジョンズワートオイルはこちら ≫

page top