【アロマテラピー入門】現役アロマセラピストが基礎から実践法まで徹底解説いたします!

グレープフルーツ

グレープフルーツ

グレープフルーツはとても使いやすく、どの精油とも相性が良いです。明るく、元気になります!

 

私はアロマバスで使うと、太ももやお腹がピリピリと肌刺激を感じます。お風呂からあがるとすぐに治りますが、明らかに肌刺激を感じるので、アロマバスには使っていません。皮膚の弱い方はご注意くださいね!

 

グレープフルーツの精油はこちら ≫

 

ブレンドアドバイス

むくみ解消ブレンド

グレープフルーツ+サイプレス・ローズマリー

快眠ブレンド

グレープフルーツ+ラベンダー・ジャスミン・イランイラン

スパイスブレンド

グレープフルーツ+カルダモン

 

どの精油とも相性が良いです。

 

グレープフルーツの基礎知識

基本情報

項目

説明・解説

香りのタイプ

やや苦みのある爽やかでリフレッシュ感のある香り。

作用

リンパ機能促進作用・消化器系調整作用・抗うつ作用・利尿作用。

注意事項

・若干の光毒性があります。
・トリートメントをした後は日光に当たらないようにしましょう。

楽しみ方

項目

説明・解説

備考

こんな気持ちの方に

仕事のオンオフができない・ストレスを溜め込む

中枢神経のバランスを整え、交感神経に働き、気分を高揚させます。長年のフラストレーションで心が疲弊してる時に浄化します。

こんな症状の方に

むくみ・デトックス・肝臓の不調。

体液に滞っている疲労物質を洗い流すごとく、リンパ液の流れを促します。消化酵素の分泌を促し肝臓に刺激を与えて活性化させます。「痩せる精油使って!」という女性のお客様のリクエストにお応えして、トリートメントで登場回数の多い精油のひとつでした。

肌トラブル

脂性肌・吹き出物。

肌刺激がある場合があるので敏感肌の方は注意しましょう。

楽しみ方

トリートメント・スキンケア・香水・芳香浴・掃除。

気持ちを明るくし、リフレッシュ効果が強いので、芳香浴や掃除向きです。年齢問わず好まれるのでお子さんがいるご家庭でもお使いいただけます。セルライトがある方はトリートメントが◎。

使用する時間帯

朝・昼

気持ちを高揚させるので、朝使うと気持ちよく一日を始めることができます。「さあ〜今日も1日頑張るぞ!!」と朝からテンション高めの方向きです。

 

グレープフルーツの精油はこちら ≫

page top