【アロマテラピー入門】現役アロマセラピストが基礎から実践法まで徹底解説いたします!

ラベンダー

ラベンダー

「アロマテラピー=ラベンダーの香り」と思い浮かべる方も多いかと思います。

 

でも実は、トリートメントではお客様にあんまり人気がなく、「この香り苦手!」という方も多かったんですよ。ちょっと意外ですよね。単品で嗅ぐと、甘さを強く感じて苦手だったのかな? と思います。

 

でも、ブレンドのまとめ役としては本当に重宝する精油です! 香りの丸みを出したり、バランスを取るのにとっても活躍してくれるからです。

 

人間で例えると、世話好きなおばさま・・?のような。。私は、一緒にいると元気になる世話好きなラベンダーが大好きです♪

 

ラベンダーの精油はこちら ≫

 

ブレンドアドバイス

生理痛ブレンド

ラベンダー+ジャスミン・イランイラン

手荒れブレンド

ラベンダー+ネロリ・パチュリ

 

シトラス系やフローラル系と相性が良いです。

 

ラベンダーの基礎知識

基本情報

項目

説明・解説

香りのタイプ

ハーブ調で甘みのあるフルーティーな香り。

作用

鎮静作用・細胞活性修復作用・抗炎症作用・消化器調整作用。

注意事項

妊娠初期は使用を控えましょう。

楽しみ方

項目

説明・解説

備考

こんな気持ちの方に

うつ・情緒不安定・自律神経失調症。

荒れた心を鎮め、バランスを回復させる手助けをしてくれます。テンションが上がり過ぎて不眠気味の方にも◎。

こんな症状の方に

頭痛・筋肉の痛み・高血圧。

鎮痛、鎮痙作用があるので、頭痛や片頭痛、肩凝りやリュウマチなど、筋肉の痛みに働きます。呼吸を整え、血圧を降下させるので、パニック障害にも役立ちます。

肌トラブル

内出血・手荒れ・傷・日焼け。

傷を修復させる働きがあるため、切り傷ややけどがある場合に、湿布をすると症状が落ち着きます。精油の中でも、直接塗布をしても大丈夫なほど安全な精油と言われていますが、精油の品質や肌状態には十分に気をつけて使用しましょう!

楽しみ方

芳香浴・アロマバス・トリートメント・スキンケア。

抜け毛が気になるときはヘアケアに、肌荒れが気になるときはスキンケアに使いましょう。細胞活性修復作用があるので、パルマローザやゼラニウムとブレンドをしてフェイススチームをしても◎。お肌を引き締め、美肌にぐっと近づきます!

使用する時間帯

昼・夜。

朝に低血圧になりやすい方は、さらに血圧を低下させる恐れがあるので気をつけましょう! 強い刺激はないので、昼なら頭がクリアになるローズマリーなどスッキリ系とブレンドすれば、眠くなることはありません。夜は眠る準備をしていく一つのアイテムとしてアロマバスやトリートメント、芳香浴など幅広く活用しましょう。

 

ラベンダーの精油はこちら ≫

page top