【アロマテラピー入門】現役アロマセラピストが基礎から実践法まで徹底解説いたします!

ラバンディン

ラバンディン

真正ラベンダー(一番ポピュラーなラベンダー)とスパイクラベンダー(ローズマリーの様な香り)との自然交配種です。収穫量が多いので、比較的低下価格で購入することができます。

 

ラベンダーの香りがちょっと苦手な方におすすめ。スッキリした香りでリラックスしたい!ってときにピッタリの精油ですよ♪

 

安全な精油なので、風邪症状のあるお子さんの吸入にも使うことができます。

 

ラバンディンの精油はこちら ≫

 

ブレンドアドバイス

インフルエンザブレンド

ラバンディン+ティートリー・ユーカリグロブルス・ライム

筋肉痛ブレンド

ラバンディン+マジョラム・レモングラス

 

シトラス系と相性が良いです。

 

ラバンディンの基礎知識

基本情報

項目

説明・解説

香りのタイプ

カンファー調の中に甘さが残る心が軽くなる香り。

作用

うっ血除去作用・免疫賦活作用・抗カタル作用。

注意事項

妊娠初期は使用を控えましょう。

楽しみ方

項目

説明・解説

備考

こんな気持ちの方に

ショック・うつ・緊張症。

中枢神経のバランスを取り、意識をしっかりと持たせ、気力を充実させます。怒りを和らげ、精神的な疲労回復に役立ちます。

こんな症状の方に

頭痛・風邪・気管支炎。

体液の循環を促し、体を軽くします。免疫UPの作用があるため、風邪などの感染症にかかりづらくなります。幅広い年齢層に受け入れやすい香りなので、風邪の時期には部屋に拡散して風邪予防に活用しましょう!

肌トラブル

切り傷・吹き出物・ふけ。

傷やケガ、切り傷などを修復させる働きがあるので、フケが気になるときは、シャンプーやコンディショナーにブレンドして使用しましょう。ローズマリーなどとブレンドしてヘアトニックにしてもOKです!

楽しみ方

芳香浴・アロマバス・トリートメント・吸入。

スッキリとした中にラベンダーに似たフローラルな香りが漂い、リラックス効果もあるので、眠れない日が続いた夜は、アロマバスで心身共に休めましょう。ゼラニウムやベルガモットとブレンドすると安眠効果が高まりますよ。

使用する時間帯

朝・昼・夜。

時間を問わず使用することができます。朝や昼使うときはレモンやパイン、夜はカモミールローマンやベルガモット、使う時間によってブレンド内容を変えると良いでしょう。

 

ラバンディンの精油はこちら ≫

page top