【アロマテラピー入門】現役アロマセラピストが基礎から実践法まで徹底解説いたします!

ユーカリグロブルス

ユーカリグロブルス

毎年花粉症の時期になるとお世話になっている精油です。パンチのあるクリアな香りが、花粉症の鼻水と頭痛でぼーっとした頭をスッキリとさせてくれます!

 

職場ではティッシュに1滴垂らしてデスクに置いたり、通勤中はマスクに忍ばせて電車に乗ったりと大活躍です。マスクに使う場合は、皮膚刺激を起こす場合があるので、アロマスプレーにして振りかけてもOKですよ!

 

ユーカリグロブルスの精油はこちら ≫

 

ブレンドアドバイス

無敵の風邪予防ブレンド

ユーカリグロブルス+サイプレス・ティートリー

咳ストップブレンド

ユーカリグロブルス+ローズマリー・ラベンサラ

 

スッキリした香りと相性が良いです。

 

ユーカリグロブルスの基礎知識

基本情報

項目

説明・解説

香りのタイプ

頭の奥まで染み通るようなクリアな香り。

作用

去痰作用・抗菌作用・利尿作用・免疫賦活作用。

注意事項

・乳幼児・高血圧・てんかん・妊娠中の方は使用を避けましょう。
・皮膚刺激が強いので、使用分量に気をつけましょう。

楽しみ方

項目

説明・解説

備考

こんな気持ちの方に

やる気が起きない・塞ぎがち。

リフレッシュ効果が高く、心が衰弱してるときに役立ちます。生きていくことに圧迫感を感じているときに用いると、勇気とやる気をみなぎらせます。精神の浄化にも◎。

こんな症状の方に

花粉症・風邪・鼻水・筋肉痛・肩凝り。

気管支や肺のうっ血を取り除き、痰を出しやすくします。肺の中で毛細血管と肺胞間のガス交換を活発にし、呼吸を楽にしてくれます。筋肉痛がある場合は、トリートメントすると筋肉の炎症を和らげることができます。痛みのある筋肉痛には、ラベンダーとのブレンドが◎。

肌トラブル

敏感肌以外の方・切り傷。

殺菌作用と瘢痕形成作用があるので、やけどや傷の手当てに有効ですが、皮膚刺激が強いので、肌に塗布するときは使用分量に気をつけましょう。

楽しみ方

芳香浴・アロマバス・トリートメント・吸入・湿布。

2%に薄めて空気中に散布すると、室内のブドウ球菌が70%死滅したという臨床実験があります。同じく抗菌作用のあるティートリーなどとブレンドして拡散すると、風邪予防となります。強い香りが苦手な方は、ラベンダーやベンゾインとブレンドすると角が取れて少しソフトな香りになりますよ!

使用する時間帯

朝・昼。

尖ったクリアな香りが頭脳明晰にするので、活動的な朝や昼向きです。

 

ユーカリグロブルスの精油はこちら ≫

page top