マンダリン

オレンジやレモンより少し甘くて深い、大人な印象の精油です。そんな印象とは裏腹に、お子さんにも人気が高く好まれる香りです。

 

リラックス効果がとても優れているので、多動性のお子さんには、マンダリンを薄く希釈したオイルを、円を描くようにゆっくりと手で温めながら塗布すると良いと言われています。

 

(アロマセラピスト香桜梨)

ブレンドアドバイス

ストレス胃炎ブレンド

マンダリン+スイートバジル・マージョラム

夜ぐっすりブレンド

マンダリン+イランイラン・ラベンダー

 

樹木以外と相性が良いです。

 

マンダリンの基礎知識

基本情報

項目

説明・解説

香りのタイプ

オレンジよりも甘く奥深い香り。

作用

抗鬱作用・強壮作用・消化器系調整作用・細胞活性作用。

注意事項

多少光毒性があるので、塗布後は直射日光を避けてください。外出前は気をつけましょう。

楽しみ方

項目

説明・解説

備考

こんな気持ちの方に

不眠症・神経性緊張。

高ぶった神経を鎮めて、リラックスさせます。些細なことで神経が過敏になったり、緊張をしやすい方に◎。

こんな症状の方に

ストレス性消化不良・食欲不振。

肝機能を高め、消化酵素の分泌を刺激します。気分の落ち込みから食欲不振に陥る場合に使用すると良いでしょう。ストレスによる吐き気、ガスが溜まるときにも効果的です。

肌トラブル

老化肌・妊娠線。

真皮組織を強めて収れんさせる働きがあり、組織を柔らかくするので、妊娠線の予防にもおススメです。ネロリやラベンダーとブレンドして気になる場所をトリートメントしましょう。

楽しみ方

アロマバス・トリートメント・スキンケア・香水・芳香浴。

柑橘系の中では香りが濃く長持ちするので、芳香浴でも長く楽しめます。足がカサカサになるときは、ベンゾインとミルラをブレンドしたかかとクリームで保湿するとしっとりに!

使用する時間帯

昼・夜。

・芳香浴であれば時間を問わず使用することができます。
・肌刺激があるので、塗布後は直射日光を避けましょう。