【アロマテラピー入門】現役アロマセラピストが基礎から実践法まで徹底解説いたします!

マートル

マートル

効能が良くても香りがちょっと・・、そんな精油の代表格はユーカリです。ユーカリには数種類あるのですが、効果が上がるほど香りも強く癖が出てきます。ブレンドも難しいので、そんなときはユーカリの代わりにマートルを使うとよいかも知れません。

 

マートルには「1.8シネオール」という抗炎症や免疫調整用のある成分が含まれるのですが、香りが穏やかでブレンドもしやすいですよ!

 

マートルの精油はこちら ≫

 

ブレンドアドバイス

毛穴ケアブレンド

マートル+ゼラニウム・ティートリー

お子さん咳ブレンド

マートル+ベルガモット・フランキンセンス・カモミールローマン

 

柑橘系やハーブ系と相性が良いです。

 

マートルの基礎知識

基本情報

項目

説明・解説

香りのタイプ

ユーカリに近い甘いハーブ調の澄んだ香り。

作用

鎮静作用・去痰作用・強壮作用。

注意事項

敏感肌の方は使用分量に気をつけましょう。

楽しみ方

項目

説明・解説

備考

こんな気持ちの方に

怒りに満ち溢れている。

憤りを落ち着かせ、穏やかな心へ導いてくれます。また、心が乱れて自制心が弱まっているときは、現実に立ち向かう精神力と勇気をもたらします。

こんな症状の方に

気管支炎・風邪・副鼻腔炎・膀胱炎。

去痰作用により痰を伴う咳こみに効果が期待できます。泌尿器や生殖器に強壮作用が働くので膀胱炎にも◎。抗感染作用のあるフトモモ科の中でも比較的刺激が弱く、小さいお子さんに使える精油なので風邪の流行る季節は、積極的に使っていきたいですね!

肌トラブル

脂性肌・老化肌・炎症のある肌。

皮膚細胞活性作用と収れん作用があるので、炎症のある肌や脂性肌、毛穴の開きやたるみが気になるアンチエイジングケアにもおススメです。

楽しみ方

芳香浴・アロマバス・トリートメント・スキンケア。

インフルエンザの流行る季節は、ディフューザーで拡散したり、アロマバスをしながら吸入すると免疫UPに繋がります。オレンジやベルガモットとブレンドすると、角が取れていい香りになりますし、柑橘系の浄化作用も加わり風邪予防には最適です。

使用する時間帯

朝・昼・夜。

スッキリした香りなので朝や昼向きかと思いきや、夜でも大丈夫です。心のバランスをとり、穏やかな気持ちになれるので、不眠症気味の方にもお使いいただけます。

 

マートルの精油はこちら ≫

page top