ベルガモット

ベルガモットというと光毒性が一番強くて有名です。最近では、光毒性の元となる成分を除去した精油も販売されています。処理前と後で香りを比較してみましたが、そんなに大きく変わるわけではないのでご心配な方は除去した方をお使いくださいね。

 

ベルガモットは爽やかで後に残る甘さが心地よく、ファンの多い精油ですね。私も今まで何本買ったか分かりません!

 

(アロマセラピスト香桜梨)

ブレンドアドバイス

胃もたれブレンド

ベルガモット+ブラックペッパー・マージョラム・オレンジ

気持ち安定ブレンド

ベルガモット+ベチバー・パルマローザ・メリッサ

 

柑橘系と相性が良いです。

 

ベルガモットの基礎知識

基本情報

項目

説明・解説

香りのタイプ

爽やかで甘くフルーティーな皆に愛される香り。

作用

抗うつ作用・抗菌作用・消化器調整作用。

注意事項

・光毒性が強いので、塗布後は直射日光を避けてください。
・向精神薬、鎮静剤、睡眠剤、抗てんかん薬、血圧降下薬との併用に注意しましょう。心配な場合は、かかりつけのお医者様にご相談ください。

楽しみ方

項目

説明・解説

備考

こんな気持ちの方に

気持ちのアンバランス・情緒不安定。

神経系に作用し、不安や緊張を和らげ、視床下部の働きを正常化します。安定した前向きな気持ちをもたらしてくれます。

こんな症状の方に

膀胱炎・風邪・食欲不振。

精神的なストレスからくる消化器系の不調を緩和し整えてくれます。他にも、呼吸器や泌尿器の感染症に適しています。膀胱炎などの泌尿器疾患の場合は、ティートリーをブレンドして座浴すると◎。

肌トラブル

ニキビ・脂性肌。

黄色ブドウ球菌に作用するため、頭皮の皮膚炎や脂性肌のケアに使いましょう。

楽しみ方

芳香浴・トリートメント・ヘアケア・スキンケア・アロマバス。

脂っぽい頭皮のケアに使う場合は、シャンプーやコンディショナーにブレンドしたり、ペパーミントとブレンドしてトニックを作ってもいいですね。

使用する時間帯

夕方から夜。

トリートメントなど肌に塗布する場合は、その後直射日光を避けてください。外に出る場合は、塗布した部分は衣服で隠して日光が当たらないようにしましょう。