【アロマテラピー入門】現役アロマセラピストが基礎から実践法まで徹底解説いたします!

ブラックペッパー

ブラックペッパー

私はもともと食べるブラックペッパーが大好きなんですが、スクランブルエッグにかけることはあっても、オレンジやグレープフルーツにかけたことはありませんでした。柑橘×黒コショウって未知数でしたが、不思議なもので、精油同士のブレンドだと本当に爽やかに香るんです! これが精油の楽しいところですね。

 

ブラックペッパーはダイエットや冷えに効果的なので、女性におススメの精油のひとつです。

 

ブラックペッパーの精油はこちら ≫

 

ブレンドアドバイス

冬のフットブレンド

ブラックペッパー+ジンジャー・オレンジ・シナモン

部分シェイプブレンド

ブラックペッパー+グレープフルーツ・サイプレス

 

スパイス系や柑橘系と相性が良いです。

 

ブラックペッパーの基礎知識

基本情報

項目

説明・解説

香りのタイプ

クリアなスパイシーさの中にやや甘さのある香り。

作用

強壮作用・消化器調整作用・加温作用・鎮痛作用。

注意事項

・敏感肌や妊婦の方は使用を控えましょう。
・多量な使用は腎臓を刺激する場合があります。
・使用分量に気をつけましょう。

楽しみ方

項目

説明・解説

備考

こんな気持ちの方に

無関心・行き詰まっている・飽きっぽい。

気力がなくなった時に気持ちを温め、元気づけてくれます。また、ものごとに行き詰まって怒りに溢れているときはエネルギーを開放します。胡椒を食べると体がポカポカ温かくなりますが、精油には心を温める作用もあるので、元気をつけたいときにはおススメです!

こんな症状の方に

筋肉痛・肩凝り・便秘。

血液の循環を良くするので、腹部や筋肉のマッサージに最適です。リウマチ・捻挫・神経痛にも効果があります。消化を助け、食欲を増す働きがあるので消化器系の不調にも◎。

肌トラブル

しもやけ。

分量が多いと肌刺激を起こす恐れがあるので、少量をブレンドのアクセントとして使うと良いでしょう。足浴や手浴をするとじんじん効いて、とても温まりますよ!

楽しみ方

トリートメント・アロマバス・スキンケア・芳香浴。

トリートメントやスキンケアでブレンドをする際には、1〜3滴で十分です。シェイプアップしたい部分に、グレープフルーツやフェンネルとブレンドして使うとダイエットに効果的です。(※このブレンドは刺激が強めなのでご注意を!)

使用する時間帯

朝・昼・夜。

朝や昼は活動的になるきっかけ作りに、夜は手足の寝覚め防止に、ジンジャーとブレンドして数滴アロマバスに垂らすと◎。

 

ブラックペッパーの精油はこちら ≫

page top