カモミールジャーマン

カモミールジャーマンは、とても濃い青色が印象的で高価な精油です。素晴らしい薬効がある分香りは個性的で、初めて嗅いだときは、悶絶でした!(失礼)その分スキンケアには◎ですよ!

 

私たちが口にするカモミールティーの正体はこのジャーマン種です。実は結構身近なハーブなんです。弱った植物の近くに植えると元気を取り戻すと言われ「植物のお医者さん」とも呼ばれるカモミールジャーマン。私たちのお腹や傷を癒すハーブしても心強い味方となってくれます。

 

(アロマセラピスト香桜梨)

ブレンドアドバイス

リラックスお花ブレンド

カモミールジャーマン+ジャスミン・ネロリ・ラベンダー・イランイラン

美肌ブレンド

カモミールジャーマン+ベンゾイン・ローズ・パルマローザ

 

たった1滴でも存在感はバッチリです! 3〜4種ブレンドが◎

 

カモミールジャーマンの基礎知識

基本情報

項目

説明・解説

香りのタイプ

深いぬくもりのある薬草に近い個性的な香り。

作用

消炎作用・消化器調整作用・抗アレルギー作用・瘢痕形成作用。

注意事項

・人によっては皮膚刺激を感じることがあります。
・妊娠初期は控えましょう。

楽しみ方

項目

説明・解説

備考

こんな気持ちの方に

イライラしやすい・夢見がち。

現実を見据える力を与え、地に根をはった忍耐力と平安をもたらします。

こんな症状の方に

胃腸トラブル・月経痛。

あらゆる痛みや炎症に役立ちます。消化促進、粘膜を保護して胃壁を修復する作用もあります。さらに、肝機能を向上させ、婦人科組織を強め、月経痛を和らげます。

肌トラブル

アトピー性皮膚炎・湿疹・乾燥肌。

炎症を起こした肌を消炎作用で鎮めます。カモミールジャーマンの成分に含まれるカマズレンは優れた抗炎症・抗ヒスタミン作用があり、皮膚の再生を促します。

楽しみ方

スキンケア・トリートメント・ヘアケア。

強い薬効が力強い香りとなって、臭いと感じることもあるので、トリートメントでブレンドする時は1滴でOKです。粘性があり、香りが強いので芳香浴には向いてません。

使用する時間帯

深いリラックス効果があるので体がオフになる夜向きです。