ティートリー

ティートリーは香りで選ぶというより効能で使う方が多い精油です。冬の時期に感染予防に購入される方が特に多かったですが、用途が広く、使いやすい精油なので私は一年中使ってます!

 

雑巾がけや除菌スプレー、アロマバスなど手軽に使えてとってもGOOD。洗濯にティートリーを使う方も多いみたいです。生活に密着した精油という感じですね。

 

(アロマセラピスト香桜梨)

ブレンドアドバイス

風邪予防ブレンド

ティートリー+パルマローザ・ペパーミント

虫刺されブレンド

ティートリー+ラベンダー

 

抗菌性の高いものやハーブと相性が良いです。

 

ティートリーの基礎知識

基本情報

項目

説明・解説

香りのタイプ

イ草を思わせる中に温かみとスパイシーさのある香り。

作用

去痰作用・免疫賦活作用・消炎作用・抗菌作用。

注意事項

・皮膚刺激を感じる場合があるので、敏感肌の方は注意しましょう。
・原液を塗布するときは品質の良い精油を選びましょう。

楽しみ方

項目

説明・解説

備考

こんな気持ちの方に

ネガティブ・精神的ショック。

生きる活力を向上し、マイナス思考を取り去ってくれます。リフレッシュ効果が高いので、精神的に落ち込んだ時に使うと◎。レモンやペパーミントとブレンドすると、モヤモヤがスッキリしますよ!

こんな症状の方に

風邪・気管支炎・花粉症。

「ティートリー=風邪予防」と思い浮かべる方も多いかもしれません。白血球を活性化させることにより、抵抗力を強化し感染症を予防します。ラベンサラとブレンドすると呼吸器系の感染予防に、さらに力を発揮します。

肌トラブル

炎症のある肌・ニキビ・ヘルペス。

抗菌、抗真菌作用が優れているので、ニキビの殺菌や水虫などに用いることが多いです。虫刺されには原液で塗布する場合もあります。

楽しみ方

スキンケア、アロマバス、芳香浴、ハウスキーピング。

風邪やインフルエンザなど感染症が流行る季節には、家では皆が集まるリビングで、学校では教室で、オフィスで、大人数が集まる場所でディフューザーなどで芳香浴をすると、感染予防になります。

使用する時間帯

朝・昼・夜。

活動的な時間に使う方が向いていますが、夜に使っても目が覚めることはないので、時間を問わず使用できます。