【アロマテラピー入門】現役アロマセラピストが基礎から実践法まで徹底解説いたします!

タイムリナロール

タイムリナロール

タイムというと料理に使うハーブというイメージが強いですね。とても強い抗菌特性を持ったハーブなので、ハーブティーでうがいをすると喉の痛みを軽減したり、呼吸器系の不調に効果を得ることができます。

 

精油は刺激が強いので、直接肌に触れずに、アロマスプレーや芳香浴で空間の浄化に使用する方が、使いやすいかもしれません。

 

タイムリナロールの精油はこちら ≫

 

ブレンドアドバイス

免疫UPブレンド

タイムリナロール+ティートリー・ローズマリー

自信UPブレンド

タイムリナロール+カモミールローマン・マージョラム

 

ハーブ系とフローラル系が相性が良いです。

 

タイムリナロールの基礎知識

基本情報

項目

説明・解説

香りのタイプ

清潔感を感じさせるクリア香り。

作用

殺菌消毒作用・強壮作用・去痰作用・消化器調整作用。

注意事項

・肌刺激が強いので、アロマバスやトリートメントの使用分量に注意しましょう。
・甲状腺機能亢進症の方に使用すると、症状が悪化する場合はあるので避けてください。
・高血圧の方、妊娠中の方は使用を避けましょう。

楽しみ方

項目

説明・解説

備考

こんな気持ちの方に

憂鬱・自信がない。

心の根をしっかりと落ち着かせ、精神を強くし、気力を蘇らせます。心の傷を治し、冷静な気持ちをもたらしてくれます。

こんな症状の方に

気管支炎・免疫力が低い。

白血球の生成を促し免疫力を高めます。呼吸器系の感染を予防したり、喉の痛みを緩和します。また、腎臓、肝臓、膀胱の機能を回復させ、リウマチや通風の緩和にも有効です。

肌トラブル

ニキビ・老化肌。

刺激が強いのでトリートメント向きではありませんが、使用する場合は極少量の使用を心がけましょう。

楽しみ方

芳香浴・アロマバス・ヘアケア・トリートメント。

殺菌力がとても強いので、インフルエンザや風邪など空気感染が心配させる時期に芳香浴で部屋全体に香らせましょう。アロマスプレーを作って、外出先でスプレーをすると風邪予防に役立ちます。

使用する時間帯

朝・昼。

少量を使うと神経を休める効果もありますが、爽やかでクリアな香りなので活動的な時間帯に向いています。

 

タイムリナロールの精油はこちら ≫

page top