【アロマテラピー入門】現役アロマセラピストが基礎から実践法まで徹底解説いたします!

ジンジャー

ジンジャー

中国でしょうがは漢方生薬として使用されています。日本でも冷え性に悩む女性にとって欠かせない注目食材ですね。もちろんしょうがの精油にも体を温める成分が含まれています。

 

私はひどい冷え性なので、冬になると足浴や手浴で使っていますが、特にお気に入りのしょうがの精油は日本産のものです! ピリッとした中に爽やかな甘みがあって最高の香りです。全然違いますよ!

 

ジンジャーの精油はこちら ≫

 

ブレンドアドバイス

消化促進ブレンド

ジンジャー+ラベンダー・ペパーミント

リウマチブレンド

ジンジャー+マージョラム・ユーカリ

 

柑橘系・スパイス系・フローラル系と相性が良いです。

 

ジンジャーの基礎知識

基本情報

項目

説明・解説

香りのタイプ

ピリッとしたスパイシーさと温もりを感じる香り。

作用

免疫賦活作用・強壮作用・加温作用・消化器系促進作用。

注意事項

・高濃度で使用すると皮膚刺激を感じる場合はあります。
・敏感肌の方は注意しましょう。

楽しみ方

項目

説明・解説

備考

こんな気持ちの方に

やる気が出ない・うつ状態。

感情が冷えている時や、自信を失っている時に温かい気持ちをもたらしてくれます。心の痛みを感じることが多く、意欲もわかない時に使うと現実を見据える力を与えて、活力を蘇らせることができます。

こんな症状の方に

冷え性・肩凝り・消化器系不調・風邪。

血液循環を良くする作用があり、体を温めます。冷え性や肩凝りにも効果的です。消化酵素の分泌を促し、腸内ガスの排出を促すので消化器系全般の不調に◎。

肌トラブル

しもやけ。

冷えやしもやけがある場合は、足浴をして温めると指先がぽかぽかと温まり、症状が緩和されます。

楽しみ方

アロマバス・トリートメント・スキンケア・芳香浴。

お腹がはって便秘がちな時は柑橘系やマージョラムとブレンドして、腹部をトリートメントをすると効果的です。

使用する時間帯

朝・昼・夜。

時間問わず使用することができます。

 

ジンジャーの精油はこちら ≫

page top