【アロマテラピー入門】現役アロマセラピストが基礎から実践法まで徹底解説いたします!

シナモンリーフ

シナモンリーフ

食べるシナモンというと、スイーツやドリンクに欠かせない馴染みのあるスパイスですが、アロマテラピー界では肌に触れることがないので上級者向きの精油です。

 

刺激の強い精油といってもシナモンリーフ(葉)はシナモンの中でも作用が優しく、シナモンの皮から採れるシナモンバークはさらに強い刺激があるので、購入する際には間違えないようによく確認しましょう。

 

シナモンリーフの精油はこちら ≫

 

ブレンドアドバイス

心身ほっこりブレンド

シナモンリーフ+オレンジ・プチグレン

スパイスブレンド

シナモンリーフ+クローブ・サイプレス

 

柑橘系との相性が良いです。

 

シナモンリーフの基礎知識

基本情報

項目

説明・解説

香りのタイプ

スパイシーの中にやや甘みのある深い香り。

作用

加温作用・殺菌消毒作用・消化器調整作用・抗ウィルス作用。

注意事項

・妊娠中は使用を控えましょう。
・肌刺激があるのでトリートメント、アロマバスの使用は避けましょう。
・シナモンリーフは粘性があるため、冷え性対策に足浴や手浴をする際には、1滴を垂らし、よく混ぜて使用しましょう。

楽しみ方

項目

説明・解説

備考

こんな気持ちの方に

無気力・孤独感がある。

気分が沈んで無気力になっている時に、エネルギーを開放し、心を温め、元気を取り戻すきっかけを与えてくれます。

こんな症状の方に

冷え性・消化器系の不調。

身体を温め、寒さや痛みを軽減させてくれます。また、疲労からの回復を早め、消化酵素の分泌を刺激して食欲を掻き立てます。

肌トラブル

敏感肌

皮膚刺激の強い精油のため、トリートメント、アロマバスなど、肌に触れる使用は控えてください。

楽しみ方

芳香浴・吸入・サシェなどのクラフト。

ディフューザーなどで香りを空間に拡散することで、風邪やインフルエンザなどの空気感染予防になります。

使用する時間帯

昼・夜。

甘みのある香りで心が温かくなるので、夜寝る前に芳香浴をして心をリラックスしながら就寝すると良いでしょう。

 

シナモンリーフの精油はこちら ≫

page top