アロマテラピーの「精油」の種類記事一覧

イランイランはマレー語でAlang Ilang ⇒ flower of flower(花の中の花)を意味します。有名な香水にも使われる、セクシーなムードを味わせてくれる精油です。ただ、香りが強い分好みが別れるところで、私は結構苦手な部類に入ります。。が! ペパーミントとブレンドして使った所、最初に爽やかなミントが香り、後からイランイランの優しい香りが追いかけてきてとても好きな精油となりました。ペパ...

オレンジスイートは本当によく使う精油です。やっぱり日本人はみかんを食べるから、柑橘系の香りは馴染み深いんですかね?!ちなみに、みかんの精油は別であります! トリートメントサロンでお客様にブレンドを任された時は、多忙なお客様に積極的に使ってました。戦闘モードでバリバリ働いてる方が鎧を脱ぐには最適な精油です。(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス爽やか柑橘ブレンドオレンジスイート+レモン・ベルガ...

カモミールジャーマンは、とても濃い青色が印象的で高価な精油です。素晴らしい薬効がある分香りは個性的で、初めて嗅いだときは、悶絶でした!(失礼)その分スキンケアには◎ですよ!私たちが口にするカモミールティーの正体はこのジャーマン種です。実は結構身近なハーブなんです。弱った植物の近くに植えると元気を取り戻すと言われ「植物のお医者さん」とも呼ばれるカモミールジャーマン。私たちのお腹や傷を癒すハーブしても...

カモミールローマンの精油は香りがとても強いです。一度嗅ぐと鼻から香りがなかなか抜けません。お客様では苦手な方も多かったのですが、少量をブレンドに加えると深みがぐっと増し、時間が経ってから香ってきたりするとても楽しい精油です。いくら踏みつけられてもきちんと立ち直る「雑草魂」を持つ強いエネルギーのある植物だからこそ、この香りの強さがあるのかもしれないですね!(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス...

キャロットシードはあまりポピュラーではない精油です。私が初めて出逢ったのはスクールの授業のときでした。初めて嗅いで、悶絶!してしまいました(好きな方すみません!)多分吸い込み過ぎたのもあると思いますが、土っぽい香りでした。考えに煮詰まったときや、今いる地点からステップアップしたいと思うときは、そっと後押しをしてくれる精油なのでぜひトライしてみてください!(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス...

クラリセージは、甘みのある濃厚で強い香りが特徴的な精油です。女性ホルモンに作用する精油なので、私もよくお世話になっています。普段は香りが強すぎてあまり得意ではないのですが、月経前になると無性に嗅ぎたくなります。香りを嗅ぐと頭がピリピリして(吸い過ぎ?)ふわ〜とリラックスするのです。不思議ですね。ゼラニウムとブレンドしてアロマバスをするのがお気に入りです!(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス...

グレープフルーツはとても使いやすく、どの精油とも相性が良いです。明るく、元気になります!私はアロマバスで使うと、太ももやお腹がピリピリと肌刺激を感じます。お風呂からあがるとすぐに治りますが、明らかに肌刺激を感じるので、アロマバスには使っていません。皮膚の弱い方はご注意くださいね!(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイスむくみ解消ブレンドグレープフルーツ+サイプレス・ローズマリー快眠ブレンドグレ...

月桃は希少価値の高い精油です。日本では沖縄で自生している月桃は、種子がせき止めや胃腸の民間薬として昔から重宝されてきました。また、古くから虫よけに利用されており、近年では美肌効果が注目されてスキンケアで使われることも多くなっています。月桃コスメは有名モデルの中でも人気があり、注目されています!(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス鼻づまり解消ブレンド月桃+ローズマリー気分スッキリ安眠ブレンド...

サイプレスには余分な体液を流す作用があるのですが、気の流れも動かすと言われています。なので、ちょっと迷いのあるときや、しっかり落ち着いて考えたいときなどに使うと落ち着きます。また、森の中にいるような清々しい香りですが、私が一番初めに嗅いだときの印象は「ラムネに似てる・・」でした(笑)。爽やかで少し可愛らしさのある好きな精油です。私のお気に入りブレンドは花の精油です。(アロマセラピスト香桜梨)ブレン...

サンダルウッドは、私たち日本人に馴染みの深い香りですね。日本でもお寺に行くと漂ってくるので、心が落ち着いてほっとしますよね。そんなサンダルウッドですが、とっても香りが強いのが特徴です。私はその昔、精油を探しにお店に行き、香りを試そうとしたときに鼻と瓶の距離を見誤り、精油を鼻に付けてしまいました。その後は、何をしても何を食べてもサンダルウッドが夜まで消えることはなく・・大変でした。皆さんは決して手や...

精油を販売していたときに、小さいお子さんがシダーウッドアトラスの精油を嗅いで、「臭い!鉛筆みたい!」と嫌な顔をしてのけ反ってました。とても微笑ましい思い出です。感じ方は様々ですが、確かに少し鉛筆のような香りがありますね。でも、不思議なことにラベンダーとブレンドすると、ラベンダーの後に甘くシダーウッドが残り、とても心地よくリラックスできる香りとなります。私のアロマバスの定番ブレンドです。(アロマセラ...

香りはレモンのような親しみやすい香りですが、肌刺激があるので、私はもっぱら虫よけとして使っています。一度、右腕にシトロネラ入り虫よけスプレー、左腕に市販の虫よけスプレーをかけて「本当に蚊に効くのか?実験」をしたところ、アロマ虫よけの右腕は1箇所、市販の左腕は0か所という結果になりました。蚊の多い所で実験したので、私としては満足な結果です! それからもう何年も虫よけスプレーは買ってません♪(アロマセ...

食べるシナモンというと、スイーツやドリンクに欠かせない馴染みのあるスパイスですが、アロマテラピー界では肌に触れることがないので上級者向きの精油です。刺激の強い精油といってもシナモンリーフ(葉)はシナモンの中でも作用が優しく、シナモンの皮から採れるシナモンバークはさらに強い刺激があるので、購入する際には間違えないようによく確認しましょう。(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス心身ほっこりブレン...

ジャスミンは脳の視床を刺激し、幸福感を抱かせるホルモン「エンケファリン」の分泌が高まりやすくなる作用があります。女性人気の高い精油です。私は香りが強いので精油は持っていませんが、ジャスミンの香りは大好きです。日本では庭先にジャスミンを植えるお宅も多く、5月の最盛期になると、我が家の犬の散歩道はジャスミンを植えているお宅巡りコースになります。香りを放つ夜の時間帯に合わせ、犬並みに鼻をクンクンさせなが...

古代エジプトでは消化薬、古代ギリシャではペスト菌の駆除、中性ヨーロッパでは災いから身を守る魔除けとして使われているジュニパーベリーは、ツンとする爽やかな香りの中に少し甘みも感じる不思議な精油です。私は、気を使いすぎてぐったりした日に、お塩とジュニパーベリーでアロマバスを作って気持ちをを切り替えてました。体中にジュニパーの香りを感じると、「ま〜いっか!」とスッキリした気持ちになってぐっすり眠れます。...

中国でしょうがは漢方生薬として使用されています。日本でも冷え性に悩む女性にとって欠かせない注目食材ですね。もちろんしょうがの精油にも体を温める成分が含まれています。私はひどい冷え性なので、冬になると足浴や手浴で使っていますが、特にお気に入りのしょうがの精油は日本産のものです! ピリッとした中に爽やかな甘みがあって最高の香りです。全然違いますよ!(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス消化促進ブ...

私は一時期この精油にハマったことがあります! とにかくこの香りが大好きでよく使っていました。思いかえすと、結構忙しくて大変な時期だったかもしれません。今でもこの香りを嗅ぐと、その忙しかった時期を思い出します。辛い気持ちにはなりませんが、よく頑張ってたな〜と懐かしい気持ちになる精油です。(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイスストレス性体の不調回復ブレンドスイートマジョラム+スイートオレンジ・バ...

この精油を嗅ぐと「ガムみたい!」というお声を多く聞きます。確かにガムと言えばミントですよね。フレッシュで気分爽快になる香りです。一般的なペパーミントはこのスペアミントとウォーターミントの交配種です。つまりペパーミントの親になるわけですね!ミントは交配種を含めると120種以上になるとても種類の多い植物ですが、中でもスペアミントは比較的原種に近いものになります。(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバ...

セージの学名はラテン語で、Salvia(健康・治療・救う) officinalis(薬用)と言います。セージは古来より重要な薬用ハーブとされてきました。殺菌作用に優れていることから葉を床に敷き詰めるストローイングハーブとして使われた歴史もある程です。私たちはセージというと、ハーブティーの方が馴染み深いかもしれませんが、勉強部屋の集中力UPに芳香浴から精油デビューをしてみてはいかがでしょうか?(アロ...

ローズに似た強い香りが特徴的で、女性に人気があります。お客様でもこの香りのファンは多く、リクエストを頂くことも。私もローズは高価でなかなか使えないので、ゼラニウムを使って自分でフェイシャルトリートメントをしてました。美容効果が高いキャリアオイルのローズヒップにゼラニウムを加えるとローズヒップの臭さが少し緩和されて使いやすくなりおススメです。(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイスアンチエイジン...

タイムというと料理に使うハーブというイメージが強いですね。とても強い抗菌特性を持ったハーブなので、ハーブティーでうがいをすると喉の痛みを軽減したり、呼吸器系の不調に効果を得ることができます。精油は刺激が強いので、直接肌に触れずに、アロマスプレーや芳香浴で空間の浄化に使用する方が、使いやすいかもしれません。(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス免疫UPブレンドタイムリナロール+ティートリー・ロ...

ティートリーは香りで選ぶというより効能で使う方が多い精油です。冬の時期に感染予防に購入される方が特に多かったですが、用途が広く、使いやすい精油なので私は一年中使ってます!雑巾がけや除菌スプレー、アロマバスなど手軽に使えてとってもGOOD。洗濯にティートリーを使う方も多いみたいです。生活に密着した精油という感じですね。(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス風邪予防ブレンドティートリー+パルマロ...

フランスでは病院の殺菌消毒剤として、ニューカレドニアでは現地の人の万能薬として使われた歴史がある植物です。ニューカレドニアでマラリアなどの伝染病がないのはニアウリのお陰と言われています。日本ではティートリーほどポピュラーではありませんが、刺激性が低く比較的安全な精油と言えます。インフルエンザなど感染予防から病後のケアまで使える、とても万能な精油ですよ!(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス集...

原液のままだと少し青臭さを感じる方は、ホホバオイルで希釈したものを使うか、他の精油とブレンドして薄めて使いましょう。優雅で柔らかい香りに変わりますよ。私もネロリの香りが大好きで、ローズウッドやマンダリンとブレンドして練香水を作って楽しんでます。お客様でも女性の方に特に人気の高いネロリの精油は、リピーター率がとっても高いんです!(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス妊娠線予防ブレンドネロリ+マ...

森の空気に近いピネンという成分が含まれるので、パインの香りを嗅ぐとふっと肩の力が抜けて深呼吸をしたくなります。香りを持つ植物の中でも、日本人にとても馴染み深く親しみのある香りと言えますね。私は、周りの人が風邪を引いて、自分も疲れで免疫が下がって、うつりそうだな〜というときにアロマバスで使ってますよ!(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス喉スッキリブレンドパイン+タイム・ユーカリグロブルス筋肉...

最初バジルの精油と聞いた時に、「え?バジル??」と、少し身構えてしまいました。バジルというと食べるハーブのイメージで、精油にするときつい香りになるのでは?と思ったのです。ですが、そんな私の勝手な妄想を見事に裏切り、バジルの精油はとってもいい香りでした! 単品よりもブレンドした方が一段と良い香りになります。まるで料理をしているようですね。(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス胃痛バイバイブレン...

この香りは好みが別れます。トリートメントでお客様に香りを試すとき、ほとんどの方に不評で、チャレンジ精神が旺盛な方だけに使いました。少し正露丸のようなお薬みたいな香りがするパチュリですが、1滴ブレンドに加えるだけでとても存在感があり、忘れた頃にふわっと顔を出します。私の友人はパチュリが大好きで、すっごくハマって軟膏を作ってましたよ! そんな魅力のある精油です。ご興味のある方はぜひ♪(アロマセラピスト...

安全で使いやすく、安価で美容面でも◎な人気のある精油です。主成分はゲラニオールというローズやゼラニウムに含まれる成分なので、それらと少し香りが似ているのが特徴的です。パルマローザというと美容の作用で注目されがちですが、抗菌・抗ウィルス効果も非常に高いので、私は抗菌スプレーを作って使っています。(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイスお肌プルプルブレンドパルマローザ+ローズ・ラベンダー・マンダリ...

日本人と言えばお風呂好き、お風呂といえばヒノキ風呂!ということで、この精油1滴垂らすだけで我が家のお風呂があっという間にヒノキ風呂に早変わりするので、アロマバスで楽しんでます。ちょっと粘性があるのでアロマバスで使うときはよく混ぜましょう!(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイスお肌引き締めブレンドヒノキ+サイプレス・ローズマリー森林ブレンドヒノキ+パイン+ローズウッド樹木系やハーブ系と相性が良...

たまに、インドカレー屋のレジ横に生フェンネルが置いてあるお店があります。もしインドカレー屋に行くことがあれば、注意して観察してみるといいです。生のフェンネルは香りもきつく敬遠されがちですが、精油は甘くいい香りです。 ・・ところが、これが要注意! 実はすごく作用が強いので、大量に使用すると眠気を誘うこともありますし、毎日の使用は避けた方がよいのです。また、フェンネルにはビターとスイートがありますが、...

私個人の勝手な意見ですが、男性向きの香りかな?と思います。香水にするなど女性にも好まれる香りですが、サンダルウッドやシダーウッドなど、ちょっとオリエンタルで芯のある香りと相性が良いので、男性のお客様にブレンドを託されたときはよく使っていました。香りが残らないので嫌味がなく、ブレンドすると活きる香りなのでイチオシです!(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイスストレス解放ブレンドプチグレン+シダー...

私はもともと食べるブラックペッパーが大好きなんですが、スクランブルエッグにかけることはあっても、オレンジやグレープフルーツにかけたことはありませんでした。柑橘×黒コショウって未知数でしたが、不思議なもので、精油同士のブレンドだと本当に爽やかに香るんです! これが精油の楽しいところですね。ブラックペッパーはダイエットや冷えに効果的なので、女性におススメの精油のひとつです。(アロマセラピスト香桜梨)ブ...

一時期TVで「アンチエイジングに効果的!」と放送されて反響のあった精油です。フランキンセンス=若返りというイメージが強いかもしれませんが、注目したいのはやはり、瞑想に最適で癒しに直結した精油ということ。誰もがバリバリ働くこの時代、皆さんが深刻なストレスと戦っています。そんなときは、フランキンセンスの香りに包まれながらヨガやピラティスなんていかがですか? ストレスを開放し、自分を労(いた)わるサポー...

精油のほとんどは劣化すると香りが変わるので早く使った方がよいものが多いのですが、ベチバーは熟成型オイルで、年が経つごとに香りが変わり、むしろ数年置いた方が、香りの深さが増してよいと言われています。ベチバーが持つどっしりと構える個性とマッチしていて面白いですね。(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイスストレス解放ブレンドベチパー+ローズウッド・ゼラニウムニキビ対策ブレンドベチパー+ラベンダー・サ...

初夏にピクニックへ出かけるときに、ペパーミント入りの水で絞ったおしぼりを数本持っていきました。思ったより外が暑くてバテそうだったんですけど、首や額におしぼりを乗せると清涼感のある香りと冷却効果で生き返りました。熱中症対策にぜひ!(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイスクールブレンドペパーミント+サイプレス・レモン気分スッキリブレンドペパーミント+パイン・ローズマリー・ベルガモットスッキリ系や柑...

ベルガモットというと光毒性が一番強くて有名です。最近では、光毒性の元となる成分を除去した精油も販売されています。処理前と後で香りを比較してみましたが、そんなに大きく変わるわけではないのでご心配な方は除去した方をお使いくださいね。ベルガモットは爽やかで後に残る甘さが心地よく、ファンの多い精油ですね。私も今まで何本買ったか分かりません!(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス胃もたれブレンドベルガ...

寒い時期に使うと心身共に温まる精油です。ハンドクリーム作りをしたときに、小さいお子さんが「お菓子みたいだね!」とすごく気に入ってました。バニラより少しシャープな印象ですが、甘く、オレンジやベルガモットとブレンドするとお菓子のようになります。一方、癖のあるパチュリやカモミールとブレンドしても、邪魔せず、前に出過ぎず使いやすいです。肌刺激もないのでお子さんにも◎ですよ。(アロマセラピスト香桜梨)ブレン...

効能が良くても香りがちょっと・・、そんな精油の代表格はユーカリです。ユーカリには数種類あるのですが、効果が上がるほど香りも強く癖が出てきます。ブレンドも難しいので、そんなときはユーカリの代わりにマートルを使うとよいかも知れません。マートルには「1.8シネオール」という抗炎症や免疫調整用のある成分が含まれるのですが、香りが穏やかでブレンドもしやすいですよ!(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス...

オレンジやレモンより少し甘くて深い、大人な印象の精油です。そんな印象とは裏腹に、お子さんにも人気が高く好まれる香りです。リラックス効果がとても優れているので、多動性のお子さんには、マンダリンを薄く希釈したオイルを、円を描くようにゆっくりと手で温めながら塗布すると良いと言われています。(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイスストレス胃炎ブレンドマンダリン+スイートバジル・マージョラム夜ぐっすりブ...

古代エジプトでは、ミイラの防腐保存処理にミルラの樹脂を使っており、殺菌消毒作用が優れています。そのため、皮膚の炎症や殺菌に有効なので、水虫防止のフットバスや、あかぎれにハンドクリームなど、スキンケアの用途が広いです。香りはちょっと個性的ですが、心が澄み渡って落ち着きます。「ふぅ〜っ」と全神経が呼吸に集中してリラックスします。(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス心のざわつき解消ブレンドミルラ...

ハーブティーでも有名なレモンバームの精油です。100%真正メリッサの精油はとても高価で、巷で売ってる安価なメリッサの中には、レモングラスやパルマローザなどレモン香のする精油をブレンドしているものもあるのでご注意を!純粋なメリッサの香りは、うっとりとするような香りで、私も大好きです!(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス怒り解放ブレンドメリッサ+オレンジ・プチグレンストレス吐き気ブレンドメリッ...

毎年花粉症の時期になるとお世話になっている精油です。パンチのあるクリアな香りが、花粉症の鼻水と頭痛でぼーっとした頭をスッキリとさせてくれます!職場ではティッシュに1滴垂らしてデスクに置いたり、通勤中はマスクに忍ばせて電車に乗ったりと大活躍です。マスクに使う場合は、皮膚刺激を起こす場合があるので、アロマスプレーにして振りかけてもOKですよ!(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス無敵の風邪予防ブ...

一口にユーカリといっても、実は500種類以上もあるのですが、ユーカリの中でも、ユーカリ特有の鼻をつくツン!とした香りの成分が、シトリオドラ種にはごくわずかしか含まれていません。むしろ、レモングラスの方が香り成分が似ているという不思議なユーカリです。私は肌に塗布するより、アロマスプレーとしてペットの匂い消しや虫よけとして使っています。初夏にシトリオドラの独特なレモン香を嗅ぐと、「あ〜夏が来たんだな」...

ユーカリの中でも甘く、リラックス効果もあります。グロブルスがお父さんなら、ラディアータはお母さんみたいな、物腰が柔らかく女性的、でも芯がある、そんなイメージの精油です。私は、頭から湯気が出るほど物を考えすぎるときに(そうそうないのですが笑)、アロマバスで使用すると頭がスッキリして楽になります!インフルエンザが増える時期は、気管支が弱いお子さんや高齢の方に、予防として、芳香浴などで使っていただきたい...

少し苦味のあるライムの香りはリフレッシュ効果があり、その効果は同じく苦味のあるグレープフルーツよりパワフルです。ティートリーとブレンドして風邪予防で拡散すると、とても落ち着く良い香りになるのでぜひお試しください♪(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス心前向きブレンドライム+オレンジ・ローズマリーセルライト撃退ブレンドライム+フェンネル・サイプレスシトラス系やハーブ系と相性が良いです。ライムの...

真正ラベンダー(一番ポピュラーなラベンダー)とスパイクラベンダー(ローズマリーの様な香り)との自然交配種です。収穫量が多いので、比較的低下価格で購入することができます。ラベンダーの香りがちょっと苦手な方におすすめ。スッキリした香りでリラックスしたい!ってときにピッタリの精油ですよ♪安全な精油なので、風邪症状のあるお子さんの吸入にも使うことができます。(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイスイン...

「アロマテラピー=ラベンダーの香り」と思い浮かべる方も多いかと思います。でも実は、トリートメントではお客様にあんまり人気がなく、「この香り苦手!」という方も多かったんですよ。ちょっと意外ですよね。単品で嗅ぐと、甘さを強く感じて苦手だったのかな? と思います。でも、ブレンドのまとめ役としては本当に重宝する精油です! 香りの丸みを出したり、バランスを取るのにとっても活躍してくれるからです。人間で例える...

食べるレモンはビタミンCの宝庫と言われていますが、精油にビタミンCは含まれていません。不思議ですよね。私は料理を作るように、バジルとのブレンドがお気に入りです。効能でいえば、消化器系調整ブレンドですが、私の場合、美味しそうな香りが食欲をそそり、癒されます・・。食欲がそそる⇒お腹がすく、ということは、やっぱり消化器系にアプローチしてるってことなんですね。(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス目...

レモングラスといえば、トムヤムクンなどタイ料理の定番!といったイメージですね。精油になるととても香りが強く、気持ち悪くなることもあります。実は、私はこの香りが苦手です!本当に気分が悪くなるので持ってません! ですが、筋肉疲労にはレモングラスが◎というのは、とても有名なので、スポーツ好きの方にはイチオシです。・・どうでもよい話ですが、私タイ料理は大好きです!(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイ...

ローズオットーと比べると手が届く価格で手に入るので、身近にあるバラの精油の代表格といえます。水蒸気蒸留法で抽出されるローズオットーと比較すると、確かにスキンケア向きではありません。。しかし、私は肌に触れるアロマバスでも使ってます! セラピストの中ではAbsに否定的な方もいますが、今や化粧品にも使われ、ばんばん流通してるのでそんなに気にし過ぎなくても良いかと思うからです。たった1滴で優雅なバスタイム...

安全かつ、良い香り♪ ということで、私の中でかなり登場回数の多い精油です。香りは強いのですが、嫌味がなく、気分が優しくなります。原料となるローズウッドの木ですが、伐採が進み、ワシントン条約の規制対象植物に指定されています。なので、手に入りづらくなっているんです! 大手の精油販売店でも、今は抽出部位が木ではなく葉の精油しか置いてません。そうなると香りがやっぱり変わるんですよね。。何年後に安定供給に戻...

Absよりも高価な精油です。劣化しにくく、気温10度以下になると固まるのが特徴です。お手元にある精油を冷蔵庫に入れて、もし固まらなければ、それは純度100%のローズオットーではありません!巷ではローズ香のするパルマローザやゼラニウムを配合したローズ油が、安価で販売されています。相場より安い、成分が不明瞭など、「ん?」と思ったら冷蔵庫へGO!です。(アロマセラピスト香桜梨)ブレンドアドバイス更年期の...

一時期、TVで「認知症にいい!」と放映された影響で、ローズマリー、ラベンダー、レモン、オレンジの精油が爆発的に売れました。ただし、このとき話題になったのは「シネオールタイプ」ではなく「カンファータイプ」です!カンファータイプはとても刺激が強いので、部分的トリートメントに使用される精油です。認知症には芳香浴で使うので、カンファーくらいのパンチ力がないと効果が現れないということだと推測するのですが、禁...