【アロマテラピー入門】現役アロマセラピストが基礎から実践法まで徹底解説いたします!

アロマテラピーの作用

 

アロマテラピーの精油は、大きく分けて3種類の作用で私たちに働きかけます。肌・心・身体への作用です。

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

 

1.肌に働く作用

 

精油は原液のまま肌に直接塗布することはありません。通常は、香りのない植物オイルに希釈して使うことがほとんどです。希釈したオイルでトリートメントを施すと、精油の成分によりスキンケア効果が期待できます。

 

その作用は精油によって様々ですが、たとえ微量であってもしっかりと美容効果が期待できます。具体的には、新陳代謝を促してターンオーバーを整えたり、肌を柔らかくしたり、免疫力を高め皮膚細胞のバリア機能を高めたりといった効果が期待できるわけです。

 

 

ただし、アロマトリートメントをするときは、使う精油の特性をしっかり把握しておかないといけません。なかには、紫外線に当たるとシミになりやすい精油や、皮膚刺激がある精油があるので注意が必要です。また、敏感肌の方は希釈したオイルでパッチテストを行い、問題のないことを確認してからトリートメントすることも大切です。

 

普段使っている化粧品の中にも、色々な種類の美容に良い精油が含まれています。気にしてチェックしてみると面白いかもしませんね!

 

2.心に働く作用

 

精油の香りを嗅ぐと、精油の分子は鼻腔(びくう)を通り、脳の中枢部に送り込まれます。脳の中枢部には、自律神経系や内分泌系、代謝機能など生命維持に必要な働きをコントロールする大脳辺縁系(※記憶を司る海馬、好き嫌いを判断する扁桃角など)や視床下部や下垂体があります。

 

「いい香りだな!」と感じると、神経化学伝達物質(※脳内モルヒネ)が分泌され、幸福な気持ちになったり、心が落ち着く作用があるのです。例えば、美味しそうな匂いを嗅いだときに、胃液が分泌し、食欲が増した経験はないでしょうか?

 

 

このように、香りによって感情が大きく動かされるので、幸福感を感じると、脳中枢部の働きが円滑になり、病気にもなりにくくなるのです。

 

3.身体に働く作用

 

精油はいくつかの経路を通して身体に取り込まれ、さまざまな器官に働きかけます。呼吸器系の気管や気管支、血管や心臓、腎臓、消化器系、内分泌系など、あらゆる器官の働きを助け、向上させることができるのです。

 

そして、その作用は精油によりさまざまです。例えば、芳香浴など鼻と呼吸で香りを吸い込むと、精油の香り成分は、肺から血液に入ります。血中に取り込まれた精油成分は、呼吸器の平滑筋の痙攣(けいれん)を抑え、喘息(ぜんそく)の症状を緩和します。

 

 

他にも、外から入ってきた埃(ほこり)や有害物質を体内に入れないように、外へゴミを排出する働きがあります。これは、去痰作用(きょたんさよう)といい、風邪の治りかけなどに役立ちます。また他の精油は、炎症を抑えたり、自律神経を整えたり、胃腸に働きかけたりと、それぞれの精油でさまざまな個性があります。

 

お薬ではないので、「効く」わけではありません。でも、精油のとても緩やかで優しい作用でも、身体に変化が起きるのもこと実なのです。

page top